トップ > カルチャー > 韓国探訪 > 晩才島、木浦市から航路で5~6時間…「一日三食」の撮影場所として有名に

晩才島、木浦市から航路で5~6時間…「一日三食」の撮影場所として有名に


  • 晩才島、木浦市から航路で5~6時間…「一日三食」の撮影場所として有名に
『一日三食』の撮影場所に対する関心が爆発し、晩才島(マンジェド、Manjaedo)の位置に対する関心が熱い。

『一日三食-漁村編』は、都市で簡単に解決することができる「一食」を慣れない静かな田舎で手作りしてみるという屋外バラエティー『一日三食』のスピンオフだ。

俳優チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、チャン・グンソクのキャスティングで期待を高めた中で、ナ・ヨンソクPDの一行は江原道旌善郡を離れ、遠い島の村、晩才島に舞台を移す。公開されたポスターで三人は、一食を解決するための孤軍奮闘を推測させる姿で笑いを誘っている。

今回の舞台である晩才島は陸地から遠く離れた海の真ん中にある島で、船を出すことが難しい、魚が多く取れることで知られている。

木浦市からも航路で5~6時間を行かなければならほど遠い島であることが知られており、現在約100人の人口が住んでいる。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2015-01-03 06:00:05