トップ > カルチャー > 韓国探訪 > 演劇「少年Bが暮らす家」

演劇「少年Bが暮らす家」


  • 演劇「少年Bが暮らす家」
14歳で殺人を犯した少年デファンは、8年後出所して家族と一緒に住んでいる。罪の代価を払ったと考えたが過去は消せないし、烙印も消えない。罪責感に苦しんでいるデファンを眺める家族の心も苦痛であるのは同じだ。

少年犯罪者と彼の家族に対する視線という独特な主題を扱っているこの演劇は、罪を犯した者とその家族が見せる罪責感、贖罪の心理描写、節制された激烈さが非常に優れているという評価を受けた。

この演劇はCJ文化財団の新人演劇創作者支援事業「クリエイティブマインズ-演劇公募」の最終選定作だ。大韓民国最高の演出、劇作家として認められているチョ・グァンファ、ぺ・サムシク芸術監督がメントリングを通じてそれぞれの個性あふれる作品を作り出した。

■ 日程:2月15日(土)~2月20日(木)
■ 時間:平日、午後8時/土、午後3時、7時/日、午後2時
■ 演出:キム・スヒ
■ 出演:ナム・ヨンリョル、カン・エシム、ペク・イクナム、イ・ウンジョン、チェ・ジョンファ、アン・ジュヒョン、キム・ヨンロク
■ 場所:大学路(テハンノ)アートセンターKネモ劇場
■ 問い合わせ:02-749-9037
  • Citylife第413号(14.02.04日付)
  • 入力 2014-01-22 10:50:23