キャンピングを楽しむなら「マルチ型」ビューティアイテムから取り揃え


キャンピング、トレッキング、自転車などアウトドア活動が登山に局限されない近頃、老若男女を不問でアウトドア活動を楽しむ。

登山靴、ランニングシューズ、キャンピング道具などそれぞれのアウトドア活動にも専門製品が必要なように、皮膚にもアウトドア活動に備えた特別なアイテムが必要だ。高くなった気温、より強烈になった日光に加えて空気中の微細な埃まで皮膚はむしろストレスを受けやすい。

しかし、むやみに洗顔剤からスキン、ローション、アイクリーム、クリーム、紫外線遮断剤、メイクアップ製品まで種類も多く、品数も多い化粧品を全て取り揃えると荷だけ大きくなるだけだ。このような時、必ず必要な製品のみ持って行きながらも簡便に使用でき、マルチケアが可能なビューティアイテムを取り揃えるセンスが必要だ。

●化粧品を最小化する

野外では負担なメイクアップよりは、自然に光るしっとりした皮膚を日中の日差しと夜の照明のもとでアピールすることが鍵だ。濃く過度なカラーメイクアップはむしろ皮膚に刺激になることがあるので避ける。代わりにくすみを隠し皮膚トーンをまんべんなく補正することだけでも十分だ。もちろん一個のアイテムで様々な部位のメイクアップをすることができる色調化粧品を用意すれば、メイクアップを修正する時も簡便で、重さと嵩も減り携帯するのにもよい。

●簡便なオールインワンクレンザー用意

蒸し暑さに汗を流した後、シャワーをすることのできる環境にはなるがそうかといってクレンザー、ボディウォッシュ、シャンプーなどの洗顔道具でキャンピング荷物をたっぷり満たすことはできない。このような時は、オールインワンクレンザーが答えだ。最近はメイクアップも易しく落とすことができ同時にシャンプーの役割もできる製品が発売されているからだ。

● サンスプレーは必須

キャンピングのような野外活動で最も心配になるのは紫外線であるはず。高い紫外線指数を遮断できるサンブロック製品は、一つぐらい持っているのが楽だ。最近では体にも顔にも易しく簡便に吹くことのできるスプレータイプのサンケア製品があり、紫外線遮断はもちろんクーリング効果まである多様な製品があり、野外活動に便利に使用することができる。

●就寝時、簡便なマスクパックひとつなら十分

寝床に入る前にする皮膚管理も逃してはならない。とくにキャンピング中には強い紫外線と昼夜で異なる気温差のせいで皮膚はぐったりし、水分を失い小じわなど老化現象を進行させることがあるからだ。それで夜の間十分な保湿と栄養で回復させることが重要だ。しかし、色々な基礎製品を取り揃えていくのは煩わしく感じるはず。このような時はマスクパックひとつで解決するのもよい方法だ。
  • MKファッション_キム・ヘソン記者
  • 入力 2013-05-25 20:11:21