トップ > カルチャー > 韓国探訪 > 全国1000ヶ所観光セール

全国1000ヶ所観光セール

5月1~11日、故宮・リゾート最高70%の割引 

国内観光の活性化を目標に、今年初めて導入された観光週間(5月1~11日)を迎え、1000ヶ所を超える宿泊施設・レストラン・ショッピングセンターで、大々的な割引イベントを展開する。この期間に国内旅行に乗り出す旅行者のために、市外バスと鉄道・航空券も大きく増える。

文化体育観光部は15日、観光週間に全国1168ヶ所の観光業者が割引イベントに参加し、107ヶ所の特別観光プログラムや旅行商品を運営すると明らかにした。「観光週間」は、今年2月の第2次観光振興拡大会議で国内観光需要の創出策とし、今年から春と秋の二回実施する、観光活性化のための特別期間だ。これを通じて5月の連休の活用を奨励し、7月と8月の夏季繁忙期に集中してきた旅行需要を分散しようというのが政府の趣旨だ。

この期間、ソウル市内の4大故宮と宗廟の入場料金が50%割引される。国立樹木園と国立自然休養林などは、小学生同伴の家族に限って無料で入場できる。リゾートをはじめとする全国238の宿泊業者は宿泊料金を最大70%割引し、飲食テーマ街の食堂も値段を割引する。

観光週間に観光商品の割引内容と割引クーポン、主な行事内容などは専用のウェブページ(spring.visitkorea.or.kr)を通じて確認できる。

観光週間に増える交通需要に対応して、市外バスと鉄道・航空便が増便される。市外バス用の予備車両を116台増やし、貸切バス500台を確保した。KTXは87本・4万554席が増便される。観光専用列車は運賃まで割引になる。

政府は観光週間の休暇条件を造成するために、全国経済人連合会、中小企業中央会、大韓商工会議所などの経済6団体に、観光週間内の労働者の休暇活用の促進を要請し、労働者の休暇支援事業を通じて中小・中堅企業の労働者に休暇費として1人当たり10万ウォンを支援する。
  • 毎日経済_シン・イクス旅行レジャー専門記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-04-15 17:35:59