トップ > カルチャー > イベント > 韓国最高のバーテンダーを探せ...ディアジオワールドクラス

韓国最高のバーテンダーを探せ...ディアジオワールドクラス

「ディアジオワールドクラス」韓国予選準決勝ショー 

去る2月から今月29日まで「ディアジオワールドクラス(DIAGEO WorldClass)」韓国予選準決勝戦ショーが繰り広げられた。「ディアジオワールドクラス」は世界最高のバーテンダーを選ぶ、最大規模のバーテンダー競演大会だ。来る7月、英国で開かれるワールドクラス本戦出場のために韓国の代表バーテンダーが競合を繰り広げている。

総40人の準決勝進出者は各10人ずつ4組に分かれ、各自準決勝のパフォーマンスを遂行した。「バー・ルパン」のチェ・ギュシム代表と朝鮮ホテル「ザ・サークル」所属のキム・デウク氏、「トティテ・クラシコ」所属のカン・ユジン氏も決勝進出のために競争を繰り広げた。主催側関係者は、「まだ結果を壮語することは出来ないが、3人のバーテンダーは観客と審査員たちから大きな呼応を得た主人公たち」とし、「アイデアと技術、表現力などバーテンダーとして遜色ない実力を備えている」と評価した。

奇想天外な想像力とアイデアでぎっしりつまった3人の作品をのぞいてみる。

▶カン・ユジン、The Great Silk Road

東洋と西洋を繋いてくれたウズベキスタンシルクロード形象化


  • 韓国最高のバーテンダーを探せ...ディアジオワールドクラス
準決勝の課題は、カクテルそれ自体ではなかった。色々な食べ物の材料を活用してカクテルのベースとなるお酒を最も完璧に楽しめるようにセッティングする技術と、アイデアを見せる「リチュアル(Ritual)」が課題だった。カン・ユジン氏が属した2組に与えられた主題は「Asian Mastery」。ディアジオの高級シングルモルトウイスキーである「シングルトン」をアジアの色々な材料を活用して解釈する課題が与えられたのだ。カン氏が披露した作品は「グレートシルクロード(The Great Silk Road)」。

  • 韓国最高のバーテンダーを探せ...ディアジオワールドクラス
「シングルトンの瓶の色がウズベキスタンの国旗に似ていました。それで考えました。シングルトンをウズベキスタンと結び付けてみよう。」資料を調査してみるとウズベキスタンは1200~1500年代、東洋と西洋をつないだシルクロードの中心国家だった。この部分で「カン・ユジンスタイル」の独特な想像に再び発動がかかり始めた。

「スコットランドのある男がシングルトンを持ってシルクロードを渡り砂漠の地ウズベキスタンに来たという想像をしました。ウズベキスタンで出会った人々と見慣れない砂漠でパーティーを開くことにしたんです。」スコットランドの人はシングルトンと一緒に、燻製にしたサーモン、アールグレイティーを持ってきた。サーモンはシングルトンの表面に刻まれたサーモンの絵に着眼したものだ。アールグレイティーは英国の伝統茶だ。

次はウズベキスタンの人々の番だ。彼らがパーティーに持ってくる食べ物は何だろうか。

「ウズベキスタンは暖かい国じゃないですか?それで温かい甘草茶を準備しました。そのうえ、ウズベキスタンの人々には遊牧民族の血が流れています。そのため牛から絞った牛乳で作るリコッタチーズを思い出しました。パーティーは当然オアシスのそばで開催されるでしょう?」「The Great Silk Road」にはこのすべての食べ物が含まれた。オリエンタルな雰囲気の家具の上にシングルトンが上げられていて、その横にはオアシスを象徴する青色のカクテル「ウイスキーパラダイス」が置かれた。この作品はウズベキスタンの酒文化と食文化をシングルトンを活用して効果的に再解釈したという点で高い評価を受けた。

キム・デウク、Enjoy The Freedom with Johnnie Walker Platinum

18年間の熟成、18年ぶりの脱獄の自由を楽しめ


  • 韓国最高のバーテンダーを探せ...ディアジオワールドクラス
キム・デウク氏が属した2組に与えられたミッションは「レッドカーペット(Red Carpet)」だった。「映画狂」のキム・デウク氏にとってはこの上なく幸せなミッションであることに間違いなかった。

「幼い時に最も印象深くみた映画が”オールドボーイ”と”ショーシャンクの空に”でした。ふたつの映画について考えていたところ、すごい縁をひとつ見つけました。」彼が形象化しようとしたカクテルベース「ジョニーウォーカープラチナ」は、18年間のオークの樽熟成過程を経ることで有名だ。ところで映画「ショーシャンクの空に」で主人公が監獄に閉じ込められて過ごした歳月がまさに18年だった。「映画の中のふたりの主人公が監獄を脱出した後、メキシコ海辺で劇的に出会いました。その時ふたりは監獄にいた時にいつも楽しんでいたチェスを置きました。」

  • 韓国最高のバーテンダーを探せ...ディアジオワールドクラス
キム氏の作品「Enjoy The Freedom with Johnnie Walker Platinum」でチェス盤の上に立っている朱錫杯は、チェスを意味する。そのうえ、朱錫杯はお茶やウイスキー、ビールを飲む時に温度と香りをよく保存することで有名だ。ジョニーウォーカープラチナの情熱的な香りを長く維持するのにこの上なく立派な道具であるわけだ。

食べ物にはアーモンドなど堅果類とバニラスティック、乾燥果物を準備したが、これらの色はクラシックながらも洗練美が強いジョニーウォーカープラチナのカラーと脈が通じている。監獄から脱出した後、ふたりの主人公が感じた「解放感」「自由さ」は柚子清につけて食べる薄緑色のセロリで表現した。

チェ・ギュサム、Whiskey of Khan

ウィスキー瓶にモンゴルの王であるカンの鎧を着せて


  • 韓国最高のバーテンダーを探せ...ディアジオワールドクラス
「初めは、他の人達がしないアジア国家がどうだろうか?そんな考えから出発してジンギスカンの国モンゴルを思い浮かべました。ただし、ジンギスカンに決めるとあまりにも強く見えて、征服者のイメージが先んじて、ただの一般的なカンの名前に組み入れることにしました。」

カン・ユジン氏と共に2組に属したチェ・ギュサム代表の準決勝作品名は「Whiskey of Khan」だ。チェ代表は「モンゴルはアジアとヨーロッパを平定した征服国家というイメージを持っているが、東洋と西洋を結ぶ貿易通路を開くのに決定的な寄与をした」とし、「貿易通路に乗ってシングルトンが広く知れわたらないといけないという意味を形象化させようとした」と語った。

チェ代表はシングルトンウィスキーの瓶にモンゴルの王であるカンの鎧を着せて人目を引いた。「モンゴルの軍人達は馬に乗って走るが、草原で休む時にお酒を飲んで休息を取ったと伝えられています。モンゴル軍にとっては最も高い人が部下達にお酒を注いでくれる伝統があったが、ウィスキー自体をカンに作るとどうだろうかという考えでシングルトンに王の鎧を着せました。シングルトンがまさにカンというわけです。」

  • 韓国最高のバーテンダーを探せ...ディアジオワールドクラス
草原の感じを生かすためにチェ代表はハーブの香りと草のにおいが染みたおしぼりをまず先にサーブする。その次に、モンゴルの人々が重要なお客様を迎える時にもてなしするというステ茶を提供した後、鎧を着たシングルトンと共にタルタルステーキを登場させる。「文献を探してみるとモンゴル人達は肉を軟らかくするために、馬の鞍の下に肉を敷いて通っています。このようにモンゴル人達の伝統を生かすことができ、シングルトンともよく合う食べ物がまさにタルタルステーキでしょう。」

「Whiskey of Khan」はほのかなシングルトンの香りとハーブの香り、タルタルステーキの香ばしい香りが絶妙に調和した秀作と評価された。
  • 毎日経済_ナム・ギヒョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-04-29 15:10:04