トップ > カルチャー > 韓国探訪 > 漢江公園に異色ボートが登場し話題集中

漢江公園に異色ボートが登場し話題集中


  • 漢江公園に異色ボートが登場し話題集中
チューブのような形をした異色ボートが登場し話題を集めている。

ソウル瑞草区盤浦漢江市民公園に位置したセピッ島には丸い形のボートの上にパラソルが置かれた「Tubester」がある。

Tubesterは水の上でボート体験はもちろん、食事まで楽しむことができるように制作したモーターボートだ。ボートの中央にテーブルが置かれており、ボート周囲のバーにはカップホルダーが設置されており、直接作った弁当や購入した食事などをボートの中で食べることができる。特に夜には夜間運行のためにTubesterのパラソルとボート本体にLEDが設置されているため、漢江と湖の美しい夜景を鑑賞できる。

夏期は今月から9月まで利用可能であり、平日には午後3時から0時まで、週末には午後4時から0時まで運営される。最大乗船人員は6人、利用料は40分で3万5000ウォン、60分で5万ウォンだ。
  • 毎日経済デジタルニュース局キム・イェリン インターン記者 / 写真=Tubesterホームページ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-06-17 14:41:51