トップ > カルチャー > 韓国探訪 > 食べる旅行-見る旅行…慶州城東市場&邑城ツアー

食べる旅行-見る旅行…慶州城東市場&邑城ツアー


  • 食べる旅行-見る旅行…慶州城東市場&邑城ツアー
慶州(キョンジュ)市内では、常設市場である城東(ソンドン)市場が有名だ。地域住民らの生活を担当する市場だが、慶州駅のすぐ前であるため旅行者も簡単に立ち寄れる。

▶ 食道楽旅行 城東市場

市場の裏路地には城東市場で初めて作ったごぼうキムバプ(韓国風のり巻き)を含めて粉食店が並んでいる。ビュッフェ食堂が密集した「食堂通り」は、店ごとに積み上げた各種おかずでふんだんに食事を楽しめる。地域の特色を持った食べ物としては、茹でられたミズダコとトムベギ(サメ料理)、サメの皮と内臓を煮て食べるドゥチ、そしてマンボウとタッパル(鶏の足)の薄切りも必ず味わうべきリストのうちの1つだ。

◆ 粉食通りの振り切ることのできない誘惑
  • 食べる旅行-見る旅行…慶州城東市場&邑城ツアー
ポメキムバプは37年経った粉食店だ。
卵、タンムジ(たくあん)、おでん、カニカマ、キュウリが入ったキムバプとごぼう煮をのせたごぼうキムバプに初めて会った。

◆ 海に近い城東市場の水産物
  • 食べる旅行-見る旅行…慶州城東市場&邑城ツアー
城東市場では慶尚北道地域の祭祀用肉として外せないトムベギ(塩に漬けたサメ)と丸ごと茹で上がったタコ、白い大根のようなマンボウとさまざまな刺身の材料に会える。

◆ 多様なおかずを積み上げた食堂通り
  • 食べる旅行-見る旅行…慶州城東市場&邑城ツアー
  • < (左上から時計回り)スルメ、店ごとに山盛りに積まれた各種おかず、おでん炒め、じゃがいも煮 >

たった6000ウォンでご飯も、おかずも食べ放題

◆ タッパル(鶏の足)の薄切り
  • 食べる旅行-見る旅行…慶州城東市場&邑城ツアー
  • < 平和食肉店 >

慶尚北道でも一部の地域だけで食べるというタッパルの薄切り。
シコシコとしたゼラチンの食感に辛さがマッチしたタッパルの薄切りは名前とビジュアル以上の味に驚きを与える。関節と便秘に効果がある牛膝を添加したタッパルの薄切りもある。

◆ 茹でタコ
  • 食べる旅行-見る旅行…慶州城東市場&邑城ツアー
  • < ヤンポタコ >

タコ漁船を直接運営して即席で茹でる。タコはタウリン成分が入っており、視力回復、貧血防止、疲労回復などに効果があり、肝臓の解毒作用も助け、糖尿にも良い。

▶ 食後の見物に適した慶州邑城ツアー

新羅以降の時代相を垣間見ることができる慶州邑城が、城東市場のすぐ近くにある。慶州邑城の城壁は崩れたが、復元工事を進めている。邑城内には朝鮮朝~近代に至る遺跡が残っているが、郷土史料館を見回して昔の姿を再現したジオラマと史跡についてのストーリーを聞くことができ、解説も聞ける。

慶州で過去にタイムスリップの痕跡を探しながら、城東市場のさまざまな食べ物まで一度に楽しんでみよう。

◆ 郷土史料館
  • 食べる旅行-見る旅行…慶州城東市場&邑城ツアー
  • < 慶州邑城図の姿(写真出処:慶州文化院) >

慶州地域の高麗および朝鮮時代の文化を発掘して再照明するために慶州文化院で運営する。

慶州邑城図の姿と慶州地域の壬辰抗争史、朝鮮時代の服飾を再現して展示し、映像を通して現在の慶州の町の構造物と昔の絵画および写真を見せてくれる。

◆ 慶州旧西慶寺
  • 食べる旅行-見る旅行…慶州城東市場&邑城ツアー
  • < 慶州旧西慶寺(写真出処:慶州市庁) >

1932年頃、日帝強占期に日本の仏教界で慶州地域を布教するために建てられた。日本から建築材料を持って来て、木造の寄棟と谷のある屋根で日本の伝統様式の仏教建築物だ。登録文化財第209号として指定されている。
  • MKスタイル イ・ジンウク記者 / 写真提供:月刊旅行スケッチ / デザイン:チョン・ユジン
  • 入力 2017-02-01 08:53:44