愛犬市場一年に2兆ウォン 美容・健康管理・幼稚園も通う(3/3)


愛犬市場が持続的に発展するにはどのような問題が解決される必要があるだろうか。

専門家たちは、伴侶動物を眺める認識自体から改善しなければならないという。韓国ペットショップ協会のハン・チス代表は、愛犬産業成長の足首を掴む一番大きな要因として、伴侶動物に対する文化的認識が不足しているという点を強調する。彼は「国内では事実、犬を眺める2種類の文化が常に存在している。伴侶犬文化と補身湯に代弁される食文化がそれだ」と皮肉った。愛犬を伴侶動物として眺める認識を育んでいく時、愛犬産業成長も可能だと見るものだ。

文化的な認識改善とともに、愛犬産業基盤を体系化する作業も並行しなければならないという助言が後に従う。現在、医療サービスと他サービス間の区分が曖昧だという点が産業発展の障害物になっているということ。一つの例として美容サービスの場合、大概動物病院でともに提供される。

ハン・チス代表は「愛犬関連サービスが別途に分離されておらず、各領域が体系的に発展しにくい構造だ。美容サービスは医療サービスに付加的なものとして見なされ価格を高く受けにくく、それだけサービスの質も劣る。美容のみ専門でする愛犬業者の居場所が少なくなる憂慮がある」と説明した。

愛犬関連職業群を専門的に養成する制度体系も不備な実情だ。チョ・ギレ教授は「愛犬美容師、愛犬管理士など愛犬関連職業は国家資格証がない。民間資格証程度があるだけだ。それだけ現職従事者の職業的満足度が減少する」と主張した。

愛犬産業成長で注目受ける新規職業

ドッグショー出戦助ける「ハンドラー」人気

愛犬産業が成長しながら新しい職業群が発生している。韓国雇用情報院が発表した「2012年韓国職業辞典」では、愛玩動物葬礼屋と愛犬服デザイナーが新しく名前を上げた。

日本のように愛玩動物葬式が拡大しながら愛玩動物葬儀屋が脚光を受けると見る。愛玩動物葬儀屋は言葉どおり愛玩動物葬礼式を主管し、葬礼手順、各種用品を準備する仕事をする。愛犬の服デザイナーは、犬の服需要が急増したことと同時に品質を問う消費者が多くなりながら、一つの職業として分類されたケースだ。愛犬衣装を作る時は、犬の種類と毛色を考慮しなければならないため、意外と制作が簡単でない。毛によって発生する静電気と皮膚病も勘案しなければならない。現在は、衣類学科、衣装学科卒業生の一部が愛犬市場に飛び込んでいる。

愛犬関連職業のうち、ブリーダー、ハンドラー、トリマーもある。ブリーダーは韓国語で専門繁殖士あたりで翻訳されるだろう。犬の血統と資質を考慮し、交配させる仕事をする。ハンドラーはドッグショーに出戦する愛犬の美容から操縦(ハンドリング)まで全ての過程で参与する。愛犬の資質と能力を最大限引き出すためには、犬に関する総合的な知識と技術が必要であるため、先進国では専門職として分類される。国内で活動するフプロハンドラーは100名余り程度と知られる。

トリマーは、専門美容師だ。犬を入浴させハサミなどを使用して毛を刈り整える仕事を主にする。ドッグショーに参加する犬の美容部門を責任取ったりもする。犬の耳掃除、足の爪整理もトリマーの役割。美容と清潔部門を担当すると見ればよい。国家公認資格試験はなく、韓国愛犬協会と韓国愛犬連盟が付与する民間資格証がある。美容以外にハンドリングやブリーディング(繁殖)を学び、動物調教師分野に進出したりもする。
  • 毎経エコノミー_キム・ホンジュ·ソ・ウネ記者
  • 入力 2013-09-04 13:59:26