読者が選んだ今年の韓国小説は?…キム・ヨンハ作家「ただ二人」


インターネット教保文庫は13日、読者が選んだ今年の韓国小説にキム・ヨンハ作家の小説集『ただ二人』が選ばれたと明らかにした。

教保文庫は昨年11月から今年10月までに出版された韓国小説を対象に、全国16ヵ所の書店の従業員から1人当たり5冊ずつ推薦を受け、ここから集計された上位20冊を対象にオンライン読者投票を行った。

1万5386人が参加した読者投票で『ただ二人』は2903人(18.9%)の支持を受けて1位を占めた。続いて、キム・ヘジン作家の小説『娘について』が1539票(10.0%)で2位、キム・エラン作家の小説集『外は夏』が1352票(8.8%)で3位に上がった。

先立って書店の従業員たちの1次推薦順位としては、『外は夏』が10ヵ所の書店で最多推薦を受け、『娘について』が8ヵ所、ソン・ウォンピョン作家の小説『アーモンド』が5ヵ所の書店の推薦を受けた。

書店別の詳細紹介と推薦リストはインターネット教保文庫で確認できる。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-12-13 10:06:37