防弾少年団(BTS)が作った魅力的なBT21グッズたちの世界


この記事は「ラインフレンズストアで出会う防弾少年団「BT21」キャラクター誕生記」の続きです。


防弾少年団とラインフレンズのコラボにより誕生したキャラクター「BT21」が、単純なファン心を刺激するためのものではなく、所蔵価値を高めるストーリーテリング商品として全世界のARMY(防弾少年団のファンクラブ)の間で爆発的な人気を得ている。

防弾少年団(BTS)メンバーが直接構成からスケッチ、詳細化作業まで参加して誕生した8つのキャラクターは、ラインフレンズクリエイターズと出会い多様なグッズとして公開された。最高の人気を誇っている防弾少年団メンバーが直接作ったというユニークさと象徴的な意味、可愛らしいキャラクターと活用度の高いグッズラインナップにファンはオン・オフラインストアのオープン前から首を長くして待ち構え、オンラインショッピングモールのサーバーダウンまで発生させて高い関心を示した。

これにシックニュースは17日、ラインフレンズフラッグシップストア梨泰院店を直接訪問した。当日、ラインフレンズフラッグシップストア梨泰院店3階には防弾少年団メンバーが直接描いたキャラクター原画などが展示されたBT21ゾーンが新たにオープンした。前回は3階に位置するBT21ゾーンにスポットを当てたが、今回は2階BT21グッズラインナップとフラッグシップストアを中心に紹介する。

3階に続き2階を訪問した記者の目にまず最初に飛び込んだものは、見ただけでも購入意欲を刺激するグッズ陳列台だった。


この陳列台には12月16日ラインフレンズフラッグシップストアNY店BOONTHESHOP清潭を通じて初公開されたグッズ製品となるバッグチャーム人形、30センチ・42センチクッション、ミディアムサイズスタンド人形、LAMY X BT21 EDITION SETをはじめとして17日新たに追加されたグッズとなるスリッパ、ジェルペン、パスポートケース、アイマスク、手鏡、シール、ファイルフォルダーなどが陳列台の上に可愛らしくディスプレイされている。

陳列台の後ろにはVのTATA、ジミンのCHIMMY、SUGAのSHOOKY、ジョングクのCOOKY、RMのKOYA、ジンのRJ、J-HOPEのMANGそしてファンクラブであるARMYをキャラクター化したVANまで8つのキャラクターがキュートに列をあわせてARTMYたちを待っている。

また2階の一部にはBT21キャラクターがプリントされた半そでTシャツとパーカーが販売用として陳列されている。メンバー別のキャラクターにそってブラック、ホワイトに分かれて制作されたTシャツはすっきりしながらも個性のあるデザインで購買意欲を刺激する。


壁面に大きく飾られた防弾少年団メンバーの自筆サインが書かれたBT21ポスターもまたARMYたちの認証ショットホットプレイス誕生を予感させる。


ラインフレンズ関係者は「BT21グッズは今後より多様な製品群として制作される予定」だとし「現在品切れの製品もまた持続的に再入荷予定だ。BT21もまた既存のr亜院フレンズ製品のように継続して販売していくことが目標」だと今後の計画を伝えた。

11時のフラッグシップストアオープン時間となるや、ストアの前で列を作り待っていたファンたちが30人ずつに分かれて入場を開始した。入場と同時に2階にのぼったファンたちは思う存分グッズを買い物カゴに入れた。ただしキャラクター別に品目あたり1個まで購入可能であり、クッションは各キャラクター別に1個ずつ、スリッパはキャラクターに関係なく1足のみ購入可能という点により、待っているファンにも商品を選ぶチャンスが回った。

グローバルアイドルとして跳躍した防弾少年団の人気に背を押され、発売と同時に爆発的な人気を集めているBT21は、今後長い時間ARMYたちとともに成長していく予定だ。単純に一時的なイベントに留まらず、体系的なラインナップを拡張させていくBT21を期待したい。
  • シックニュース ホン・ヘミン記者 / 写真=キム・ヘジン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-01-21 08:02:00