ソルラルの連休期間、4大故宮・宗廟・朝鮮王陵を無料開放


文化財庁は15日から18日までの4日間にわたるソルラル(旧正月)連休に景福宮・昌徳宮・昌慶宮・徳寿宮の4大宮と宗廟、朝鮮王陵を無料で開放すると5日に発表した。

多彩な文化体験イベントも用意される。景福宮の緝敬堂では16~17日に「オンドル部屋体験と新年の挨拶行事」が行われ、徳寿宮をはじめ驪州英陵(世宗大王陵)、牙山顕忠祠、錦山七百義塚では15日から3日間または4日間、投壺、チェギチャギ、ユンノリなど民俗遊びを楽しむことができる。

文化財庁はまた平昌五輪の開幕日の9日から冬季パラリンピック閉幕日の来月18日まで続く「平昌旅行の月」に韓国人に限り観覧料を50%割引する。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-02-05 09:33:15