トップ > カルチャー > 韓国探訪 > こんなにシックな済州ゲストハウス(1/2)

こんなにシックな済州ゲストハウス(1/2)


複雑で潤いのない都市を離れ済州に向かった旅行者たちは、済州島特有の自由で余裕のあるムードにたちまち入れ込んでしまう。ゲストハウスでのんびりととどまりながら、リュックサックにたっぷり背負って下ろした本だけを読んで行く旅行者、ゲストハウスのテラスで海だけを眺めて行く旅行者。最初からゲストハウスのスタッフとして居座る旅行者まで。済州ゲストハウスを貫通する情緒はまさに「ヒーリング」だ。

済州島が変わった。低価航空・オルレキル・漢拏山トルレキル・各種テーマ公園など旅行の基本インフラはもちろん、レンタカーなしでも十分に旅行できるほどに済州島の大衆交通も良くなった。弘大の通りでこそ見られるような洗練されたカフェと食堂もたくさんできた。ここへ常に問題になっていた宿所の問題をゲストハウスが解決しており、旅行がさらに楽しくなる。高いホテルやリゾート以外に旅行者のためのこれといった宿所がなく、済州島旅行の負担として作用していたが、数年の間に実にゲストハウスが300か所余りも生じたというわけだ。

どこに泊まるべきか悩むほどに独特な外観ときれいな施設を備えたゲストハウスは、2万ウォンという魅力的な価格にゲストたちとともにツアーとパーティを楽しむことができ、実利旅行情報を得られる宝石のような所だ。「ゲストハウス済州」の著者カン・ヒウンが、済州島の人気ゲストハウスに宿泊しながら出会った個性満点オーナーたちと済州島旅行者の話を聞くなら、さらに魅かれることだろう。

突然変異「ミュータント」の遊び場 「ジャマイカゲストハウス」


自由なジャマイカ精神を愛する館長が運営する所で、ゲストハウスだけでなくあれこれと魅力的な空間が多い。突然変異スタイルを追求する人たちでなく、突然変異の中でも突然変異たちだけが集まった別名「済州突然変異村」と呼ばれる。

白い屋根をもつゲストハウス内部はゆったりとした感じだ。巨大なテントのような丸いドーム形態だが、ローマのパンテオンのように高い所にかかった円形の窓を中心に日光が注ぎ込む建物だ。10メートルを越えるように見える天井のてっぺんの窓から丸い日光が入り、その下にかかっている長い布がラウンドを描き、花びらのように広がる。ゲストハウスの建物とレストランの間に置かれたはしごを踏んで上がると屋根の上に寝転がり、昼寝をする訪問客にもまれに出会うようになる自由なムードが逸品の所。

住所:済州島朝天邑臥山里195番地
利用料:ドミトリー2万ウォン
運営時間:2~11時
食事:トースト・飲料
電話:010-9038-6658
ホームページ:cafe.naver.com/jamaicajeju

Make fun

テーマパークの夢をもった館長が運営する所で、宿泊でなくとも行ってみる価値のある所だ。2千坪に達する庭園には変わった豚と靴などの構造物と、きれいに手入れされた緑茶畑・突然変異を意味する「ミュータント」ギャラリーがあり、無料で観覧できる。週末には小さな公演が開かれるなど、オープンして1年にもならず独特な文化空間としての立地を固めている。

コンチョンポの銀色の海を抱いた「アンニョン・メイ ゲストハウス」


コンチョンポの海は、昼には粉々に砕ける太陽の光りが、夜にはひっそりと輝く月光に墨色の海の水が銀色になる。銀色のコンチャンポ海岸に沿って村に少し入っていくと、石畳の上にかわいいミミズクが描かれた看板が見える。名前からすがすがしいアンニョン・メイゲストハウスは、少女の感性で飾られたリビングルームとドミトリーで済州を訪れる女性旅行者からとくに人気を得ている。

ここは若い新婚夫婦が運営する所で、小さな小物と淡泊な家具で飾られた暖かいムードが目立つ。二人はここの運営のために5つの村の里長と会いながら自分と合う地域を求め、二人の意見が一致した唯一の所がここだったと。済州島に台風が来るというニュースだけ出てもここを訪れていった旅行者たちから安否のメッセージがあふれる情感あふれるゲストハウスだ。

住所:西帰浦市南元邑新禮里81番地
価格:ドミトリー(4人室1人基準)2万ウォン、オンドル部屋(2人基準)5万ウォン
運営時間:4時~10時30分
食事:ベーコンエッグ、ハムチーズサンドイッチとコーヒー、牛乳、ジュースから選択(別途4000ウォン、3000ウォン)
電話:070-4146-8757
ホームページ:www.hellomay.co.kr

Make fun

穏やかな銀色の海が魅力的なコンチャンポにあり、ごった返す観光位置から抜け出して小さな村を散歩し、余裕を享受するにはこのうえなく良い所だ。30代序盤の若い夫婦が若い感性で飾ったインテリアのおかげで、女性たちから人気が高い。夜にカフェで旅行者たちと話をしたり、静かに思索するのに良い所だ。
  • Citylife_シン・ジョンイン
  • 入力 2013-03-06 12:05:00