トップ > カルチャー > カルチャー > 韓国におけるフランシスコ教皇の人気

韓国におけるフランシスコ教皇の人気

光化門でのカーパレード 

  • 韓国におけるフランシスコ教皇の人気
フランシスコ教皇の訪韓日程の中で最も大きなイベントである「尹持忠(ユン・ジチュン)・パウロと同僚殉教者123位の列福式」が16日午前に光化門一帯で開かれた。フランシスコ教皇が執り行う今回の列福ミサには、カトリック信者17万人が参加し、これを見ようと押し寄せた市民まで合わせると100万人以上が殺到した。列福式は教皇とミサを共同で執り行うヨム・スジョン枢機卿、ピエトロ・ファロルリン枢機卿が十字を描き、罪を反省する懺悔の儀式とキリエ(ミサ曲)を捧げることで始まった。教皇は「神の僕、尹持忠(ユン・ジチュン)・パウロと123位の同僚殉教者を福者と呼び、5月29日を彼らの祝日として祝うことを許可する」という内容の列福宣言をした。 <写真共同取材団>
  • 毎経ドットコム_カン・ヨングク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-16 17:47:08