2014コリアスピードフェスティバル(KSF)、水中戦迫力感あふれて

2014コリアスピードフェスティバル(2014 Korea Speed ​​Festival) 

国内最大モータースポーツ大会である「コリア・スピード・フェスティバル(KSF)」が去る2011年9月以後、34ヶ月ぶりに水中戦で開かれた。選手たちは、雨のためにレーシングカーをコントロールするのに手こずって事故に遭ったが、競技場を訪れた3000人余りの観衆は迫力感あふれる面白みに熱狂した。

KSFは去る17日、インジェ・スピーディウム(江原道麟蹄、カンウォン・ドインジェ)で3ラウンドを行った。今回のラウンドには82台のレーシングカーが出場した。KSFは、現代自動車、起亜自動車、韓国タイヤ、韓国シェル石油、現代モービス、現代海上、現代グロービス、書簡(ソハン)、現代星宇(ソンウ)オートモーティブが後援する。

大会最高クラスである「ジェネシス クーペ」チャンピオンシップ(10・20クラス)では、各種記録と珍記録があふれた。ジャン・ヒョンジン(書簡パープル・モーターズポート)は、大会出場2年半ぶりに初優勝を占めた。2012年9月以後、2年ぶりに優勝を狙ったオ・イルギ(ソライトインディゴ)は、優勝の門の敷地の前でキム・ジョンギョム(書簡パープル・モーターズポート)のプッシングファウルでほぼ捕まえていた優勝を逃す不運を経験した。

「ジェネシス クーペ」20クラスでは、キム・ジェヒョン(ソライトインディゴ)が再び優勝、開幕後の3連勝を記録する気炎を吐いた。キム・ジェヒョンは10・20クラスの統合走行レースで10クラスより先にフィニッシュラインを通過し、「ジェネシス クーペ」イ・ウォンファ 以後、初めて20クラスがチェッカー旗を受ける珍記録を立てた。

セミプロクラスであるベロスターターボマスターズでは、「帰ってきたベテラン」ソ・ホソンが決勝で7回グリットでレースを出発して6台を追い越す力走を披露し、再び優勝した。キム・ジェヒョンに続き、開幕後3連勝を記録した。

無限に挑戦のオーナメントとして有名の勢いを得ているグォン・ボムが(ソハン・パープル・モータースポート)は、決勝では雨の道で車両が滑り6位に終わったが、16日に繰り広げられた予選で全体1位を占め、ポールポジションを占めるビックリ異変を演出した。
  • 毎経ドットコム_チェ・ギソン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-18 14:54:00