韓国初の本格SF映画『勝利号』…ネットフリックスで公開



  • 韓国型宇宙SF映画『勝利号(英語題名:Space Sweepers)』が5日、ネットフリックスを通じて公開される。懇談会で記念撮影中の俳優のチン・ソンギュ、ソン・ジュンギ、監督のチョ・ソンヒ、俳優キム・テリとユ・ヘジン(左から)。 [写真提供=ネットフリックス]


西暦2092年、捨てられた地球…李舜臣の銅像がそびえ立つ都心はぼおっとかすんでいる。ここに住む人々は酸素マスクとゴーグルなしでは一日も生きていけない。上位5%の市民はすでに新しい楽園を求め、ここを離れて久しい。下層民は生活のために宇宙清掃船に乗って宇宙を回る。一銭でも多く稼ぐためだ。

韓国初の宇宙SF映画『勝利号(Space Sweepers)』の話だ。ネットフリックスの公開を控えて2日に開かれたオンライン懇談会で、出演した俳優たちは「ときめいて、ワールドカップ本選に進出した感じ」だと期待感を表わした。この日の現場には俳優キム・テリ、ソン・ジュンギ、チン・ソンギュ、ユ・ヘジンとチョ・ソンヒ監督が同席した。

「10年前の『狼少年』を撮る時から『スペース・スウィーパーズ』の話を聞いた。当時はおもしろいと思ったが、後にキャスティングの提案がきtでしょう、衝撃的に新鮮なコンテンツが気に入って、やらなければと考えてシナリオを受けとりました」(俳優ソン・ジュンギ)。

映画『スペース・スウィーパーズ』は『私のオオカミ少年』『探偵ホン・ギルドン:消えた村』のチョ・ソンヒ監督がメガホンを取った。ソン・ジュンギとチョ・ソンヒ監督は9年ぶりに再び息を合わせた。ソン・ジュンギは「英語タイトルは『宇宙掃除(Space Sweepers)』という意味だが、2092年の宇宙掃除船に住んでいるわたし、チジリに関する映画」だとし、「キム・テホ、チャン船長、タイガー・パクにオプトンイまで、寄せ集めが意図せず地球を救うことになる話」だと説明した。

  • 写真は映画の中で宇宙を徘徊する勝利号のすがた。



初の韓国型宇宙SF映画らしく、約250億ウォンに達する天文学的な製作費が投入された。宇宙船や宇宙の背景などは、ハリウッドに劣らないほどに再現された。韓国代表の特殊視覚効果(VFX)会社8社が投入された結果だ。劇中の悪役サリバン博士には『オーシャンズ8』『ホビット』シリーズに出演したハリウッド俳優のリチャード・アーミティジ氏をキャスティングした。

主演俳優たちの自負心もすごかった。ユ・ヘジンは「映画がすばらしい仕上がりになった。韓国で初めて出てきた宇宙SF映画にもかかわらず、充分みられるものに仕上がった」とした。チン・ソンギュもやはり「運動選手なら国体に出るような、ワールドカップ本選に進出した感じもする」とした。

ありふれたSF映画の枠から抜け出したキャラクターの活躍が期待される。強靭な魅力を誇るチャン船長役を演じたキム・テリは反転した魅力を持った人物だ。キム・テリは「船長なら肩をいからせたすがたのようだが、むしろ監督は典型的な姿とは反対のキャラクターにより力を感じるタイプのようだ」と語る。チョン・ソンギュもやはり「タイガー・パクはコッパソクチュク(おもてむきはあっさりしているが、内面はしっとりした)キャラクター」だとし、「思ったよりもキャラクターがかっこよく出てきた」と満足感を表わした。ユ・ヘジンはまさに「ロボット演技」を披露する。映画の中に彼の顔は出ないが、行動と声だけで「そのロボットがユ・ヘジン」であることを感じることができる。

公開までには紆余曲折が多かった。 2019年11月に撮影を終え、昨年の夏の封切りを予定したが、コロナ19のために無期限延期された。けっきょく劇場公開を放棄して、ネットフリックスでの公開に戦略を変えた。 SF映画が大画面の代わりにテレビとスマートフォンに舞台を移したわけだ。俳優たちは物足りなさの代わりに期待感を表わした。

ソン・ジュンギは「大衆芸術である映画は大衆とスキンシップが重要だが…一日も早くなんらかの方法を通じて会いたいと思うしかなかった」とした。キム・テリは「サウンドを大きくして映画館のように見ていただければ実感楽しむことができるだろう」と語った。ユ・ヘジンも「最近はサウンドバーも安価にたくさん出たし」と言葉を添えた。自宅で音を大きくして鑑賞してほしいという注文だ。

韓国初の宇宙SF作品は離陸に成功できるだろうか。映画『スペース・スウィーパーズ』は5日、ネットフリックスを通じて全世界190カ国以上に公開される。
  • 毎日経済_カン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-02-02 17:42:33