キム・ジェウク&クリスタル、「Crazy Love」に出演決定


  • マネジメントSOOP、H& エンターテインメント

新ドラマ『Crazy Love』が俳優のキム・ジェウクとクリスタルのキャスティングを確定し甘く殺伐としたロマンス制作に突入する。

『Crazy Love』(脚本:キム・ボギョム、演出:キム・ジョンヒョン、制作:アークメディア)は、殺人予告を受けた講師の代表と余命宣告を受けた存在感ゼロの秘書との甘くて殺伐なクレイジーロマンスドラマを描く。人生のどん底で出会った2人の男女の殺伐としたショーは時間が経つにつれ熱狂的に甘くなっていく予定だ。

グローバルストリーミングプラットフォーム「iQIYI」の韓国オリジナル作品だ。ドラマ『ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~』、『国民のみなさん!』、『昼と夜』のキム・ジョンヒョンプロデューサーが演出を担当した。

まずドラマ『彼女の私生活』から2年ぶりにドラマに復帰するキム・ジェウクは、韓国最高の数学講師ノ・ゴジン役を演じる。高卒の学歴だがIQ190の天才的な頭脳で最高講師になり業界1位のGOTOP教育の代表まで上り詰めた人物だ。ハンサムな顔に素敵な外見まで備えているため、たまに過度なナルシシズムで「周りの雰囲気を冷ややかにする」才能がある。しかし、前にだけ進み続けると思っていた彼の人生にいきなり「殺人」が予告される。

ドラマと映画を行き交いながらジャンル問わず熱心な仕事ぶりでファンと疎通しているクリスタルが演じるイ・シナはノ・ゴジンの存在感ゼロの秘書だ。誠実さと責任感だけで考えれば最高レベルの社員だが、あまりにも静かで引っ込み思案なうえ誰かとは違って自分の自慢には全く素質がないため社内では空気と同じレベルで存在しているだけだ。ところが、苦労することで有名なノ・ゴジンの秘書の座を1年以上も耐え、それなりに業界の奇跡として認められた彼女の人生は余命宣告を受けることになる。

上記の説明だけでも予測不可能なスリル過多のロマンスが期待される中、俳優のキム・ジェウクとクリスタルの予想外の組み合わせは新鮮なシナジーを促進させる。シックなカリスマを代表する2人の俳優がロマンスという甘いジャンルの中で1つになったからだ。洗練されたビジュアルの組み合わせはもちろん今まで見たことのない演技変身に期待が膨らむ。

制作陣は「俳優キム・ジェウクとクリスタルが『Crazy Love』で団結する。

ロマンスというジャンルでよく想像される人物とは差別化された2人の主人公が個性の強い2人の俳優に会うので、キャラクターに翼をつけるという期待が高い」と伝えた。続いて「最近、台本の練習を終え、すぐに撮影に入る。視聴者の皆様の期待に応える、殺伐としたロマンチックな作品でお会いしたい」と伝えた。

来年上半期、海外では「iQIYI」を通じて単独ストリーミングされ国内では毎週月曜日と火曜日、KBS2で放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-10-12 10:38:43