トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ヨム・ジョンア&ナ・イヌなど、「クリーニングアップ」台本読み合わせ現場が公開

ヨム・ジョンア&ナ・イヌなど、「クリーニングアップ」台本読み合わせ現場が公開


  • ヨム・ジョンア&ナ・イヌなど、「クリーニングアップ」台本読み合わせ現場が公開
  • JTBC

『クリーニングアップ』が台本読み合わせ現場の映像を公開した。ヨム・ジョンア、チョン・ソミン、キム・ジェファ、イ・ムセン、ナ・イヌなどが初めての出会いから現場を総なめした信頼できる演技の饗宴を繰り広げリアルタイムの視聴を誘う。

JTBCの新土日ドラマ『クリーニングアップ』(演出ユン・ソンシク、脚本チェ・ギョンミ、制作ドラマハウススタジオ、SLL)は偶然耳にインサイダー(内部者取引)情報で株式戦争に飛び込んだ証券会社の掃除人たちの予測不可能な「人生挑戦記」だ。

昨年、上岩洞(サンアムドン)で行われた台本読み合わせ現場にはユン・ソンシク監督、チェ・ギョンミ作家を筆頭にヨム・ジョンア、チョン・ソミン、キム・ジェファ、イ・ムセン、ナ・イヌ、チャン・シニョン、キム・テウ、キム・イングォン、ユン・ギョンホ、ソン・ジェヒ、カル・ソウォンなど主要俳優たちが参加して席を輝かせた。「無条件に頑張る」という俳優たちの覚悟で始まったこの日の台本読み合わせは初めての練習という事実が信じられないほど隙のない相性を見せて期待作らしい面貌を誇示した。

ヨム・ジョンアの熱演は現場にいる人々を魅了した。「2人の娘を1人で育てている離婚した母親だ。それで熱心に暮らしているキャラクター」とオ・ヨンミを紹介したヨム・ジョンアは初めての台詞から生存のために孤軍奮闘するキャラクターに完全にはまっていた。偶然の機会にインサイダー取引情報を聞くようになり、ただ「残念な人生を生きる人が平凡に生きるために」株式戦争に飛び込んだヨンミの幅広い感情を完璧に調節し話を展開していく。「視聴率女王」の真価を惜しみなく発揮すると、現場では休む間もなく感嘆があふれた。

どんな役割を担っても自分のように消化するチョン・ソミンはヨンミの同僚アン・インギョン役を引き受けた。「努力しただけに結果を得ようとする、最近とても珍しい友人」とキャラクターを説明したチョン・ソミンは、安定した演技で見れば見るほど魅力的なキャラクターを作っていった。「罪を犯さないのが平凡だと信じる最も良心的な人物」であるため一発逆転を狙うヨンミにたびたびブレーキをかけることもある最も親しい同僚。このような関係を徹底的に分析したチョン・ソミンは表情から言葉遣い、ジェスチャー1つまでインギョンと一心同体になって自分の役割を全うした。

強烈な存在感の所有者キム・ジェファが演じたメン・スジャは「生まれつき他の人をあまり好きではないが、社会的な状況に置かれた時は生計型で親切に変わる人」だ。千種類の顔と万の夢を持つスジャの生存型キャラクターにカメレオンのような演技で生命力を吹き込み現場の人々から賛辞を得た。それぞれの個性が明確な3人組が株式情報で団結し痛快な人生逆転に成功できるか、早くも期待心理を刺激する。

法律事務所所属の情報院イ・ヨンシンに扮したイ・ムセンは優しいカリスマ性で没入度を倍加させた。「自分の仕事においては徹底しているが、少しは相反するミステリーな魅力を持つキャラクター」という彼の分析どおり密かな言葉遣いと眼差しの中に盛り込まれたミステリーは目が離せないほど気になるキャラクターを完成させた。

大勢の俳優として跳躍したナ・イヌは、電気と機械をうまく操る大学院生ドゥヨンに変身する。ヨンミの家に間借りしている彼は「小心者で空気が読めず内向的な人だが、自分の分野に対しては優れた才能を持って熱弁を振るう」人物だ。ナ・イヌの専売特許である純粋な魅力を加え現場の女心を総なめした。

他にもチャン・シニョン、キム・テウ、キム・イングォン、ユン・ギョンホ、ソン・ジェヒ、カル・ソウォンなど名前だけでも期待感をそそる俳優たちの熱演が『クリーニングアップ』を隙間なく埋め尽くした。まさに実際を彷彿とさせる莫大なエネルギーで熱くなった現場だった。

制作陣は「すべての俳優たちが名前の価値をきちんと見せてくれた現場だった。演技を見るだけでも彼らが生命力を吹き込んだすべてのキャラクターが息づく映像を早く見たくなった」と伝えた。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-12 15:46:21