トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > キム・テリ&オ・ジョンセ&ホンギョン、キム・ウニ作家の新ドラマ「悪鬼」出演決定

キム・テリ&オ・ジョンセ&ホンギョン、キム・ウニ作家の新ドラマ「悪鬼」出演決定


  • キム・テリ&オ・ジョンセ&ホンギョン、キム・ウニ作家の新ドラマ「悪鬼」出演決定
キム・ウニ作家の新作として期待を一身に受けている『悪鬼』に女優のキム・テリ、オ・ジョンセ、ホンギョンが出演を確定した。

SBSの新ドラマ『悪鬼(仮題)』(脚本キム・ウニ、演出イ・ジョンリム)はドアを開けると悪鬼のいる別の世界、悪鬼にとりつかれた女とその悪鬼が見られる男が、5つの神体を巡る疑問の死を暴くオカルトミステリースリラーだ。

『サイン』、『ファントム』、『シグナル』、『キングダム』など執筆する作品ごとに完璧に組まれた緻密なストーリーで興行と完成度を保証するドラマの大家キム・ウニ作家が2014年に終映した『スリーデイズ~愛と正義~』以後、約9年ぶりにSBSと手を握り披露する新作として注目を集めた。

今回はミステリーが加味されたメロドラマで偏見を破る差別化されたジャンルを完成したという好評を得た秀作『VIP』のイ・ジョンリム監督と意気投合する。ここにキム・テリ、オ・ジョンセ、ホンギョンなど演技を保証する宝石のような俳優までキャスティングされ、この上なく完璧な陣容が構築された。

まず毎回新しいジャンルの作品に挑戦し幅広い演技スペクトラムを披露し独歩的な渉外1位俳優に挙げられるキム・テリは、公務員試験を目指す受験生のク・サンヨン役を演じた。昼にはアルバイトをして夜には勉強しながらN年間9級公務員試験を準備中のク・サンヨンは、亡くなった父親の遺品を受け取った後から周辺でしきりに起きる疑問の死に巻き込まれるようになり、ますます違う姿に変わっていく自分を発見する。

制作スタッフは「ク・サンヨンは善と悪が混在している複合的人物だ。誰よりも善良な瞳を持っているが、時には強烈なカリスマを放つキム・テリ以上の女優は考えられなかった。何よりもキム・テリの大胆な演技力が作品に翼をつけてくれると期待している」と明らかにした。ドラマ『ミスターサンシャイン』、『二十五、二十一』など出演する作品ごとに絶対失望させることがない優れた演技力で興行を導いた彼女のキャスティングニュースはドラマ『悪鬼』の初放送を早くも期待させる。

どんな役割を演じても想像以上の演技を繰り広げ名実共に大韓民国を代表する主演俳優として位置づけられたオ・ジョンセは、財力家出身の民俗学科教授ヨム・ヘサン役を演じた。悪鬼と神を見ることができる目を持ったヨム・ヘサンは予想できなかった契機でク・サンヨンを知り、幼い頃自分の目の前で母親を殺した悪鬼と再び遭遇することになる。

「特別な能力を持つヨム・ヘサン役のオ・ジョンセが安定した演技力と細密な感情演技で平凡ではない人物を描いていく予定だ。抜群のキャラクター消化力で作品の没入度を高め重みを与えるだろう」というのが制作陣の伝言だ。『サイコだけど大丈夫』、『模範刑事』、『ストーブリーグ』、『アンクル』など毎作品、彼ならではのキャラクターを構築してきたオ・ジョンセが今回はどんなキャラクターを誕生させるか期待を与える部分だ。

最後に多様な作品で着実に積み上げた演技潜在力を爆発させ「最近の大勢」俳優として注目されているホンギョンが警察大学の首席出身の強力犯罪捜査隊警部補「イ・ホンセ」として出演する。自己愛に満ちたイ・ホンセはひたすら特進だけを目標にしたが、上の2人の人物であるク・サンヨン、ヨム・ヘサンと絡むことになり、見ても信じられない事件に巻き込まれることになる。

繊細で優れた実力を持つ画工役を演じた『ホンチョンギ』と後任兵を苦しめる悪役を披露した『D.P. -脱走兵追跡官-』など、どんな作品でも存在感を植え付けたホンギョンが、今回は自己愛で人生がこじれてしまったエリート刑事役を引き受け演技変身を試みる。制作スタッフもやはり「ホンギョンは作品とキャラクターに対する理解度が高く常に深く研究して悩む努力派俳優だ。十分にその存在感を認識させる」と自信を示した。

最高の組み合わせですでに視聴者の胸をドキドキさせる『悪鬼』は2023年放映を目標に制作を始める予定だ。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-09-21 09:38:35