WINNER カン・スンユン、ドラマ「カイロス」出演確定 3年ぶりの演技


WINNERのカン・スンユンがドラマ『カイロス』にキャスティングされた。約3年ぶりに俳優としての活躍を予告した。

20日、YGエンターテイメントによるとカン・スンユンはMBCの新しいドラマ『カイロス』出演を確定した。

『カイロス』は幼い娘が誘拐されて絶望する1カ月後の男ソジン(シン・ソンロク)と行方不明になった母親を探す1カ月前の女エリ(イ・セヨン)が愛する人を救うために「時間を横断して奮闘するタイム・クロッシング・ファンタジー・スリラー・ドラマだ。現在と過去に生きる2人がすでに起こった悲劇をもとに戻すために協力しながら新しい真実と事件に直面することになる過程を描く。

カン・スンユンは劇中、エリの友人イム・ゴンウク役を引き受けた。ゴンウクは学生時代には存在感がなく、いつも弱者の位置で過ごすことが自然だった人物。しかし、ゴンウクはエリの言葉であれば何でも行い、危機のたびに彼女を助ける姿で事件解決に重要な役割を果たす。

カン・スンユンはイ・セヨンとの呼吸はもちろん、ファンタジースリラー特有の雰囲気を消化して新しい姿を披露する予定だ。

カン・スンユンはこれまでグループWINNERの活動に加えて幅広い活動を見せている。MBC『ハイキック3 -短足の逆襲-』、ウェブドラマ『千年間恋愛中』、tvN『刑務所のルールブック』を通じて安定した演技力で多くの愛を受けた。

カン・スンユンは「『カイロス』はシナリオを読んだ瞬間に魅了された作品」とし「久しぶりに演技者として挨拶でき、ときめく」と明らかにした。続いて「まだ不足しているが、共演する方たちに迷惑をかけないように努力する。あたたかく見守ってほしい。感謝する」と付け加えた。

一方『カイロス』は今年の下半期に放送される。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者 / 写真=YGエンターテイメント
  • 入力 2020-05-20 08:15:01