「青春記録」パク・ボゴム&パク・ソダムのときめく3次ティーザー公開


『青春記録』が一緒にいるからさらに輝く青春の1ページをめくる。

9月7日に韓国で初放送されるtvNの新しい月火ドラマ『青春記録』(脚本ハ・ミョンヒ、演出アン・ギルホ)側は29日、サ・ヘジュン(パク・ボゴム)とアン・ジョンハ(パク・ソダム)の姿がおさめられた3次ティーザー映像を公​​開した。

『青春記録』は現実の壁に絶望せずに夢と恋を叶えるために努力する若者の成長記録を描く。夢見ることさえ贅沢になってしまったこの時代の青春、それぞれの方法で夢に向かって突進する若者の熱い記録がときめきと共感を誘う。

完成度を担保する「シンドロームメーカー」の出会いも期待に火をつける。『秘密の森 ~深い闇の向こうに~』、『アルハンブラ宮殿の思い出』、『WATCHER』などを通じて緻密ながらも繊細な演出力を見せてくれたアン・ギルホ監督と『ドクターズ~恋する気持ち』、『愛の温度』など穏やかで感性的なストーリーに現実的な視線を溶かし込むハ・ミョンヒ作家が意気投合して、韓国ドラマファンをときめかせている。ここに自分だけのカラーで青春の姿を現実的に描くであろうパク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソクの相乗効果は最初の放送への期待を膨らませる。

先立って2次ティーザー映像ではきびしい「現実」にアタックして夢に向かって直進する熱血青年の姿が描かれて話題を呼び集めた。続いて公開された3次ティーザー映像はまた違った雰囲気で見る人の胸をときめかせる。俳優とメイクアップアーティストという夢に向かって進むサ・ヘジュンとアン・ジョンハ。不安な現実の中でも屈せずに自分だけの青春の記録を綴る2人の姿が視線を集める。何よりも疲れてつらくなると「サ・ヘジュンのヲタ活」でささやかな幸せを感じながら慰められてきたアン・ジョンハ。 「私あなたの「ヲタ活」やめることにした」という決意が好奇心を刺激する。

ファンと芸能人ではなく、本業の世界で出会ったサ・ヘジュンとアン・ジョンハの姿も興味深々だ。 「君といるとリラックスできる、安定感が生まれる」というサ・ヘジュンのセリフは2人の関係に疑問を抱かせる。続く映像の中、1本の傘をさして雨の中を並んで歩く2人の間には平穏ながらも妙なときめきを感じさせる 「世界に一人でいるようだ」というアン・ジョンハに「君は一人じゃない」と自分のそばにいてもいいことを伝えるサ・ヘジュンの姿はときめきを膨らませる。

ファンと「推し」の出会い、お互いに慰めになる2人の特別な関係がどのように変化していくのか、今から関心を集める。

3次ティーザー映像を見た視聴者たちも様々なSNSとポータルサイトの掲示板を通じて「私が9月を待っている理由! 『青春記録』早く来い!」、「ティーザーが出るたびに期待」、「見つめあうだけでもときめき」、「最推しとの出会いなんて!それ自体で胸キュン」、「永遠に『青春記録』オタク活動を予約」、「すでに青春の感性がひしひしと」、「一場面、一場面がときめく!」など熱い反応を見せた。

一方、tvNの新しい月火ドラマ『青春記録』は9月7日の夜9時、tvNで初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-30 13:06:26