パク・ボゴム&パク・ソダム主演ドラマ「青春記録」Netflixで配信


PANエンターテイメントが制作する2020年下半期の期待作『青春記録』が世界的なインターネットエンターテイメントサービスNetflixを介して全世界に公開される。

tvNの新しい月火ドラマ『青春記録』(脚本ハ・ミョンヒ、演出アン・ギルホ)は今年の下半期、韓国tvNでの初放送後、Netflixを介してアジアや英語圏の地域をはじめとし、全世界190カ国以上に公開される。

『青春記録』は現実の壁に絶望せずに夢と恋を叶えるために努力する若者の成長記録を描くドラマだ。夢見ることさえ贅沢になってしまったこの時代の青春、それぞれの方法で夢に向かって直進する若者の熱い記録がときめきと共感を誘う作品だ。

パク・ボゴムとパク・ソダムが主演を引き受け、『秘密の森 ~深い闇の向こうに~』『アルハンブラ宮殿の思い出』などを演出したアン・ギルホ監督と『ドクターズ~恋する気持』『愛の温度』などを書いたハ・ミョンヒ作家が意気投合した。しっかりとした演技力とユニークなスター性を持った俳優たちと名制作陣の出会いに多くの関心が集まっている。

特に放送前からNetflixを介しての世界公開を決定しながら、国内外の業界関係者と海外コンテンツ市場での期待値を証明して、新しい「ホット」なコンテンツの誕生を予感させている。

昨年、作品性と大衆性を射止めたヒット作『椿の花咲く頃』に続き『青春記録』までNetflixでの公開が確定され、PANエンターテイメントのコンテンツが続々グローバルOTT市場での価値を認められている。韓国国内だけでなくグローバル海外市場でもトレンドを導くリーディングカンパニーの隊列に一歩近づいた。

PANエンターテイメントは今後もオリジナルの著作権を確保したウェブ漫画とウェブ小説のドラマ化と映画化を介してキラーコンテンツを生成し、Netflixに代表されるようなOTT市場と積極的に接触しながら事業領域と流通チャネルを多様化する見通しだ。

PANエンターテイメントの関係者は、「『椿の花咲く頃』に続く『青春記録』のNetflix公開をきっかけにNetflixのような大規模OTT企業と、より強固なリファレンスを蓄積することになった」とし「これにより、継続的に質の高いコンテンツを提供し、様々な国内外のOTT企業と多角的に接触しながら、新たなビジネスモデルと収益構造を構築する計画だ」と説明した。

一方、PANエンターテイメントは2002年以来、約60本のドラマを制作して「ドラマ名家」として安定した地位を固めている総合メディアコンテンツ企業だ。OST制作、俳優マネジメント、ウェブ漫画や小説の映画化など様々な分野に渡って十分なインフラを備えた制作会社として堅固な地位を固めている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-30 13:34:17