Heize、PSYの事務所P NATIONと専属契約


シンガーソングライターのHeizeがPSYと手を組んでP NATIONの新しいアーティストとして合流した。

P NATIONは16日、「Heizeと最近専属契約を締結して一緒に良い縁を続けることになった。優れた実力と感性を持ったシンガーソングライターを新しい家族に迎えることができて嬉しい気持ちだ」と明らかにした。

2014年に正式デビューしたHeizeは「Star」、「And July」、「Don't know you」、「You, Clouds, Rain」、「Jenga」、「SHE'S FINE」、「Falling Leaves are Beautiful」など数多くのヒット曲を輩出して歌謡界を代表する音源チャート強者としてのポジションを固めた。

特に曲のほとんどを直接作詞・作曲して自分だけの独歩的な感性と明確な個性を込めた曲で多くの愛を受けた。

2017年から2019年の「Mnet Asian Music Awards」でベストヒップホップアーバンミュージック賞、ベストボーカルパフォーマンス女性部門、ベストボーカルパフォーマンスソロ賞を受賞しており、昨年には第11回「Melon Music Awards」でTOP10とミュージックスタイル賞、R&Bソウル部門を受賞した。

P NATIONの関係者は「独自の音色と感性、作詞・作曲の能力を兼ね備えたHeizeのP NATIONへの合流を歓迎する。これから一緒に作っていく新しい音楽や作品、公演にも期待してほしい」と感想を明らかにした。

Heizeのデビューの時から共にしてきたCJ ENMの関係者はまた「Heizeと共にした時間を大切に記憶し、彼女の新たな出発を応援する。今後の活動でもP NATIONとのコラボレーションによりHeizeの活動を支援する予定だ」と伝えた。

現在、P NATIONはPSYを筆頭にJessi、ヒョナ、Crush、DAWN(イドン)が所属しており、Heizeを新しいアーティストに迎えたP NATIONの今後に期待が集まる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・へジョン インターン記者
  • 入力 2020-09-16 13:38:43