BLACKPINK、米ABC『グッドモーニングアメリカ』への出演が決定


BLACKPINKが国内の音楽番組のステージはもちろんバラエティ番組、米国代表トークショー出演など全方向の活躍を予告し世界中のファンから熱い反響を得ている。

YGエンターテインメントによると、BLACKPINKは21日(現地時間)午前に放送されるABC『グッドモーニングアメリカ』(Good Morning America, GMA)への出演が決まった。

『グッドモーニングアメリカ』は米ABCチャンネルを代表する朝番組だ。40年以上の歴史と高い視聴率を誇る。 BLACKPINKは2019年、『グッドモーニングアメリカ』で「DDU-DU DDU-DU」でアメリカ初の生放送でステージを披露したことがあり、より意味深い。

これでBLACKPINKは20日、深夜トークショー『Jimmy Kimmel Live!』への出演が決まったのに続き翌朝米ABCの看板放送まで出演することになり、世界音楽市場の中で自分たちの存在感をアピールする予定だ。

BLACKPINKは国内でも活発に放送活動をしてファンに会っている。BLACKPINKは今日(17日)、MBC『ショー!音楽中心』に出演し完成度の高いステージを繰り広げる。

11日に放送された『人気歌謡』(SBS)の1位を皮切りに『M COUNTDOWN』、『SHOW CHAMPION』、『ミュージックバンク』では出演なしでもトロフィーを獲得し活動1週間ですでに4冠に輝いたため今後の活動が注目される。

BLACKPINKは2日、1stフルアルバム『THE ALBUM』を発表し、国内外のチャートを席巻している。『THE ALBUM』は米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」と英国オフィシャルアルバムチャートでいずれも2位に上がり、K‐POPガールグループの新しい歴史を書いた。また、BLACKPINKはビルボードの「アーティスト100」チャートで1位になりビルボード「ホット100」にK‐POPガールグループでは初めて2曲を同時に載せる成果を収めた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-10-17 16:45:00