「ペントハウス」最終回、瞬間最高31% 悲劇的な結末でシーズン1終える


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 写真:SBS放送画面キャプチャ

『ペントハウス』21話は瞬間最高視聴率が31.1%を突破、再び自己最高視聴率を更新し、シーズン1の幕を下ろした。

去る5日に韓国で放送されたSBS月火ドラマ『ペントハウス』(脚本キム・スンオク/演出チュ・ドンミン/制作チョロクベムメディア)21話はニールセンコリア基準、全国視聴率28.8%(2部)、首都圏視聴率30.5%(2部)、瞬間最高視聴率31.1%と再び自己最高視聴率を更新、30%の壁を越えながら地上波ミニシリーズドラマの中で5年ぶりに30%を突破する大記録を樹立したのに続いて、10月26日の初放送から最終回まで21回連続全チャンネルのミニシリーズ1位を達成する偉業を達成した。広告関係者の主な指標である20歳から49歳の視聴率も11.9%(2部)と歴代視聴率を塗り替え有終の美をおさめた。

最終回では、シム・スリョン(イ・ジア)、オ・ユニ(ユジン)が悲劇的な最後を迎え、権力者たちの残酷な裏の顔を見せつけたチョン・ソジン(キム・ソヨン)、チュ・ダンテ(オム・ギジュン)がペントハウスを手に入れる「悪の勝利」で結末を結んだ衝撃的などんでん返しが描かれた。何よりもシム・スリョンを殺した真犯人はチュ・ダンテで、すべての証拠を捏造してオ・ユニを犯人に仕立て上げた極悪非道な殺人事件の内幕が明らかになり視聴者を驚愕させた。

また、裁判を控えてシム・スリョンの後輩からシム・スリョンが最後に残した嘆願書を受け取った後に嗚咽したオ・ユニは最終的に裁判で自分がシム・スリョンを殺していないという真実を打ち明ける反転が描かれた。そして護送車で移動していたオ・ユニをローガン・リー(パク・ウンソク)が誘拐した後、2人は激しく争った。続いてシム・スリョンを殺していないと自分の首に自ら鋭い凶器を刺して死んでいくオ・ユニと優雅な姿で手にしたペントハウスを見回すチョン・ソジンの姿が交差する「悲劇のエンディング」が描かれ、視聴者に衝撃を与えた。

刺激的なストーリーと感覚的な演出、俳優たちの熱演が三位一体を成して韓国を「ペントハウス突風」で揺るがした『ペントハウス』はシーズン2の放送を控えている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ
  • 入力 2021-01-06 07:01:03