VIXXエン「MINE」でイ・ボヨンと共演 兵役を経て2年ぶりの復帰


VIXXのエン(チャ・ハギョン)がペク・ミギョン作家の新作『MINE』への出演を確定した。

8日、所属事務所51kは「エンがtvNの新しいドラマ『MINE』への出演を確定し、イ・ボヨン、キム・ソヒョンなどと呼吸を合わせる予定だ」と明らかにした。

『MINE』は『品位のある彼女』、『力の強い女 ト・ボンスン』などを書いたペク・ミギョン作家と『恋するアプリ Love Alarm』、『サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~』の感覚的な演出で好評されているイ・ナジョンPDが意気投合した作品で、世界の偏見から脱して本当の自分を探していく強靭な女性の話を描くドラマだ。

昨年10月に軍服務を終えて復帰作としてドラマ『MINE』を選択したエンは劇中、ヒョウォングループの孫でありキム・ソヒョン(チャン・ソヒョン役)の息子ハン・スヒョクを演じる。財閥3世として何一つ不足するものがなく完璧に見えるが、胸の痛い離別を経験して裏面に孤独と痛みを隠したまま生きていく人物にエンがキャスティングされて期待感が高まっている。

誰もが羨望するロイヤルファミリーの一員で、留学生活を終えてヒョウォン家に戻ってきてドラマ全般に緊張感を与える「スヒョク」役を介して、エンは魅力的なマスクとすらりとしたビジュアルで純粋さと男性美を行き来するキャラクターに完全に溶け込む予定だ。

これまで様々な作品を通じて吸引力のある演技力を見せてドラマで格別な存在感を誇ってきたエンはドラマ『愛の迷宮~トンネル~』と『知っているワイフ』を通じて俳優としての可能性を見せてくれたのはもちろんのこと、『赤い月青い太陽』では優しく善良な姿の裏に秘密を隠し持つ男イ・ウンホ役を通じて余韻の残る演技を披露して好評を得た。

『MINE』出演を確定しながらエンは「除隊後、復帰作として尊敬する監督、作家、先輩演技者の方々と同じ作品に出演することになってとても光栄だ。心を尽くしてスヒョクになるよう最善の努力を尽くす。ときめく気持ちほどに『MINE』で良い姿をお見せしたい」という覚悟を伝えた。

毎作品ごとに期待を高めているエンが今回の『MINE』で一層深くなった眼差しと成熟した演技を見せて視聴者の注目をひきつけるのか期待が高まっている中で、tvNの新しいドラマ『MINE』は韓国で2021年上半期に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-01-08 09:05:32