コン・スンヨン、ドラマ「不可殺」出演確定 イ・ジヌク&ナラ&イ・ジュンと共演


  • 写真:VAROエンターテイメント

女優のコン・スンヨンがtvNドラマ『不可殺』への出演を確定した。

tvNドラマ『不可殺』は600年のあいだ人間として死と転生を繰り返しながら前世を記憶する女と、600年のあいだ妖怪「不可殺(プルガサル)」になり死ぬことができない男の話で、死と生まれ変わりを繰り返し、過去から現在までの縁と因果が絡み合った人物の叙事を描く韓国型ファンタジーだ。

劇中、コン・スンヨンはファルの妻であり、権力者の娘であるダンソルを演じる。ダンソルは人々が理解できない何かを持ったまま生き、権力者である父のためにファルと婚姻する人物で、コン・スンヨンは「良い監督と俳優の方々、スタッフたちと一緒に仕事ができて幸せだ。熱心に準備して視聴者の方々に多彩な姿をお見せできるように最善を尽くすので期待してほしい」というメッセージを伝えた。

一方、コン・スンヨンは『六龍が飛ぶ』、『サークル:繋がった二つの世界』、『キミはロボット』、『コッパダン ~恋する仲人~』に続いて公開を控えている『代理人間』などで、さまざまなジャンルの演技変身を介して視聴者の前に姿を見せる予定だ。

イ・ジヌク、ナラ、イ・ジュンなど、しっかりとしたラインナップを誇る『不可殺』は2022年、tvNで放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-03-24 15:54:39