「愛の不時着」が韓国でミュージカルに 2022年公開予定


  • 写真:ポップミュージック、T2Nメディア

ドラマ『愛の不時着』がミュージカルになる。

29日、ポップミュージックによるとドラマ『愛の不時着』が2022年、ミュージカルへと再誕生して観客に公開される予定だ。

ドラマ『愛の不時着』はヒョンビン、ソン・イェジン主演のドラマで、ある日、突風によるパラグライダーの事故により北朝鮮に不時着した財閥相続女性のユン・セリと彼女を隠して守って愛するようになる特級将校リ・ジョンヒョクの極秘ラブストーリーを描いたドラマだ。2020年2月16日に放送された最終回は平均21.7%、最高24.1%を達成して、tvNドラマ歴代視聴率1位を記録した。

特にNetflixを通じて全世界に公開されて高い人気を集め、日本国内に第4次韓流ブームを巻き起こすなど、いまだに高い人気と話題を集めている。

制作会社のポップミュージックとT2Nメディア側はスタジオドラゴンとグローバル版権契約を完了し、2022年半ばにソウルを皮切りに公演を披露する計画だ。

制作会社のポップミュージックのキム・ジンソク代表は「スタジオドラゴンと版権契約を完了し、主要スタッフの選定とキャスティングを行う予定」とし「良い作品として披露するために最善を尽くしたい。特に、源泉IPが持つ認知度があまりにも大きな作品なので、すでに多くの俳優たちや海外の制作会社から問い合わせが続いている」と明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-03-29 09:07:08