コン・ユ&パク・ボゴム主演、映画「徐福(ソボク)」世界56か国にて公開が決定


コン・ユとパク・ボゴム主演作『徐福』が世界56か国で先行販売された。

CJENMは5日、『徐福』が台湾、タイ、香港などでは今月15日に韓国と同時公開され、全世界56か国に先行販売されたと報じた。

『徐福』は人類初のクローン人間ソボク(パク・ボゴム)を極秘に移す任務を担うことになった情報局要員ギホン(コン・ユ)がクローン人間を奪おうとする多くの勢力を排除する過程で予期せぬ状況に陥る話を描く。

『建築学概論』で大きな注目を集めたイ・ヨンジュ監督の次回作だ。当初、公開予定は昨年だったが新型コロナウイルスの影響で公開が延期され結局、劇場とOTT TVINGを通じて同時公開する方式を選んだ。

CJ ENM映画事業本部海外配給チームの関係者は「海外でも高い人気を得ているトップスターのコン・ユとパク・ボゴムの出会い、クローン人間という斬新な素材、映画が持つ風変わりな雰囲気が海外バイヤーたちを虜にすることができた主なポイントだと思う」と説明した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-04-05 08:39:38