防弾少年団、「江南スタイル」の記録更新 米ビルボード「HOT 100」32週連続チャートイン


  • 写真:Big Hitミュージック

グループ防弾少年団が「Dynamite」で米国ビルボードチャートでPSYの記録を超えた。

去る6日(以下現地時間)、米国の音楽専門メディアビルボードが発表した最新のチャート(4月10日者)によると、「Dynamite」はメインシングルチャートである「ホット100」で30位を記録した。昨年8月21日、全世界発売と同時に2週連続を含む通算3回の「ホット100」1位に輝いた「Dynamite」は32週連続でのチャートインに成功し、これによりPSYの「江南スタイル」が保有していた韓国歌手最長チャートイン記録を更新することになった。

「Dynamite」は新型コロナウイルスにより誰もが苦しんでいる時期に希望のメッセージを伝えようとした防弾少年団だけの「ヒーリングソング」で、発売されてから8カ月近く経っても各種チャートの上位にとどまって全世界的に愛されている。特に、防弾少年団は「Dynamite」で「2021グラミー賞(GRAMMY AWARDS)」で単独公演を披露するなど「21世紀のポップアイコン」と評価されている。

一方、防弾少年団のアルバムもビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」最新チャートで、昨年11月に発売された「BE」が50位を、昨年2月に発売された「MAP OF THE SOUL:7」は108位を記録して58週連続チャートインしている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-04-07 08:06:19