カン・ダニエル、小学時代のいじめを告白「目が合うと殴られた」


歌手のカン・ダニエルが学生時代、校内暴力の被害者だったと告白した。

カン・ダニエルは6日に放送されたKBS2のバラエティ番組『屋上部屋の問題児たち』に出演し学生時代の同級生からいじめられたと話した。

この日の放送では「最近のサイバー校内暴力の深刻さを知らせるために発表され、警察庁の教育資料にも選ばれたものは?」という問題が出題された。

正解は「いじめ体験アプリ」。MCのチョン・ヒョンドンが「(カカオトークなどのオンライン上の)アカウントを奪うのか?」と尋ねると、カン・ダニエルは「ゲームアカウントに良いアイテムがあれば奪っていった」と答えた。

カン・ダニエルは「親しい知人が以前いじめられた話を聞くと(加害者が)本当に悪い。いじめ方まで賢い」と指摘した。「しかし問題は加害者の保護者も何が問題なのか分からない。(巧妙な手口のために)問題を把握もできない」と話した。

小学生時代、いじめられた経験にも触れた。カン・ダニエルは「小学校のころ、あちこちに転校したけど、いじめられた」と淡々と打ち明けた。

カン・ダニエルは特に「小学校4~5年生ぐらいだろうが、先輩にお金を取られて目が合って気に食わないと殴られた」とし「加害者たちは「ただの遊びだ、自分と似たような年齢ではないか」と今では自分たちの酒のつまみのように話していた」と話し周囲を悲しませた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-04-07 08:09:20