G-DRAGON「格好よさが自分のものになる感じ、トレンドは関係ない」


  • 写真:DAZED


  • 写真:DAZED


  • 写真:DAZED


  • 写真:DAZED

BIGBANGのG-DRAGONが特集グラビアとインタビューで近況を知らせた。

ファッションと文化を基盤に毎月独創的なコンテンツを披露するマガジン『DAZED』が2021年13周年記念号のカバーストーリーで世界的なミュージシャンであるG-DRAGONとシャネルハウスが共同で制作したグラビアを公開した。

CHANELのグローバルアンバサダーとして活動中のG-DRAGONは、CHANELの「2021年春夏、レディーツーウェアコレクション」を着て街頭に出た。着る服装ごとに話題を呼んでいるG-DRAGONは音楽とファッション、アートを行き来しながら一番真似したい文化的アイコニック人物として知られている。

CHANELとの出会いについて尋ねると、G-DRAGONは「それぞれCHANELを思うイメージが違うでしょうが、僕はある服を着る楽しさとギャップを楽しんでいるようです。今はCHANELからブランド品という他のファッションブランドも過去のように決まった型に閉じ込められていないようです。僕だけでなく男女を区別して着るのも消えましたし…。ただこういうのが全部興味深く面白いです」と答え服の着方まで特別な考えを示した。

続くインタビューでは音楽や映画、食べ物、ソーシャルネットワーク、パンデミック時代の計画まで軍服務後の曲作業をしながら過ごすG-DRAGONの現在を代弁する日常的な話を盛り込んだ。最近行った携帯電話のメモが何であるかも聞くことができる。 「メモよりは最近音楽、BIGBANGの作業を続けているのが大きくて、何でもそっちに関連して音楽のキーワードを探すのに集中していたら歌詞を書くのにかなりの時間を費やしているので、そういうメモを主にとります」

  • 写真:DAZED


  • 写真:DAZED


  • 写真:DAZED


  • 写真:DAZED


  • 写真:DAZED

G-DRAGONはグラビア撮影日、現場で即興的にアートワークを具現して驚きをもたらしたが、その過程をそのまま記録したイメージにも出会える。

現在のアートに対する世界観についての質問に対し、彼は「僕はイメージを持っています。それで着ることにも関心が多いんです。変だけど格好いいのも理由があるので、一つずつでもわざと体験してみると僕に何が似合っていいのか、もっと発展できるんです。発展というよりは簡単になると思います。スタイルはもちろん変わり続けると思いますが、今の自分のスタイルがどうなのか正確に一つのテーマで整理できるという点で少し楽になりました。何と言うか格好よさが自分のものになる感じがします。トレンドには関係ないようです」

このアートワークは『DAZED』13周年を迎えるアートフェアのために聖水洞(ソンスドン)に位置するDEZAD社屋で展示される予定でもある。

アイコニックなミュージシャンG-DRAGONとシャネルハウスが共にしたカバーストーリーは、『DAZED』13周年特集号とホームページ、インスタグラム、YouTubeなどの公式ソーシャルネットワークチャンネルを通じて鑑賞できる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2021-04-09 11:44:06