トップ > エンタメ > K-POP > JYJ地上波でファンたちと出会う「歌手として映し出されたこと感慨深い」

JYJ地上波でファンたちと出会う「歌手として映し出されたこと感慨深い」

「第17回仁川アジア競技大会」開幕式のステージに立ったJYJ 

  • JYJ地上波でファンたちと出会う「歌手として映し出されたこと感慨深い」
2014年仁川アジアンゲーム開幕式のステージに立ったJYJが特別な感情を伝えた。

20日午後、中国上海のメルセデスベンツアリーナにて開かれた「JYJ Asia Tour Concert in SHANGHAI-THE RETURN OF THE KING」記者懇談会に出席したJYJは「JYJが歌手として映し出されるステージだったので感慨深かった」と口を開いた。

キム・ジュンスは「これまで広報映像も撮影しミュージックビデオも撮影し、二つの国で公演もしたが開幕式のステージに立つことが私たちプロジェクトの最後だ。紆余曲折があったが、その最後に公演が開催され数多くの歓呼と声援を受けたので誇らしい」と話し、キム・ジェジュンは「3人で地上波へしっかりと出たのが恐らくKBS授賞式の時に一度だけ挨拶をしてから4年ぶりだと思う。10年で放送に2度出たことになる。重要なことは私たちのステージではなく、アジアンゲームの主要シーンだと考えるが、それでも私たちが2秒程度だったらどうしようかと思った。幸いにも私たちをたくさん捕えてくださり、久しぶりに放送に出たという気持ちにときめき、楽しかった。周辺からもお祝いの連絡をたくさん受けた」と伝えた。

さらにパク・ユチョンは「私は何の考えもせずにアジアンゲームステージを中心に考えたのだが、終わって下りてきてからむしろスタッフたちが涙を流すので『あぁ、これが放送だったんだな』と、その時考えることとなった。国内外の知人たちからメッセージがたくさん来た。放送に出ることだけでもメッセージを受けることが不思議だったし、これがメッセージを受けるほどのことなのかと思うほどだった」と話した。

JYJは仁川アジアンゲーム広報大使にも関わらず、開幕式のステージに立つまでにいくつか難航するものがあった。本来開幕式のステージに全員が上る予定だったJYJははっきししない理由で開幕式のステージに立つだけでなく、それさえも組織委員会が不透明な状況を演出して論議を起こした。

キム・ジュンスはこれに「以前からそんなことにたくさん巻き込まれていたが、今はとても多いから心配しない。むしろとてもすっきりと進行されれば逆に私たちが不安だ」と冗談を込めて説明した。

一方、この日JYJは今回の上海コンサートを1万1000人のファンと共にした。JYJは以降25日にタイにてコンサートを続けていく。
  • MBNスター(上海)ユ・ミョンジュン記者/写真=C-JeSエンターテイメント | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-09-22 08:07:13