パク・ボゴム&コン・ユ主演「徐福(ソボク)」、前売り率35.1%で1位に


イ・ヨンジュ監督の『徐福(ソボク)』が圧倒的な前売り率で公開された。

15日の午前8時基準の映画振興委員会の前売り率の集計によると、この日公開された『徐福(ソボク)』は35.1%で1位を記録している。前売り券を購入した観客数は3万2680人。

その後、今月16日に公開される日本のアニメ『名探偵コナン 緋色の弾丸』は前売り率2位を記録した。

『徐福(ソボク)』は死を控えている元国情院要員ギホンが遺伝子組み換えクローン人間実験体ソボクを安全な場所に移動させる任務を担うことによって起こることを描いた映画だ。『不信地獄』、『建築学概論』のイ・ヨンジュ監督がメガホンを握り、コン・ユとパク・ボゴムが団結した。

同日午後9時、CJENMのOTTサービス「TVING」でも公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-04-15 08:52:15