スジ&シン・ドンヨプ、「第57回百想芸術大賞」授賞式のMCに抜擢


  • 写真:百想芸術大賞 事務局

タレントのシン・ドンヨプと歌手兼女優のスジが「百想芸術大賞」のMCを務める。

2人は5月13日、京畿道(キョンギド)一山(イルサン)で開かれる「第57回百想芸術大賞」のMCに確定し3時間余りの授賞式を進行する。

国内最高のタレントであるシン・ドンヨプは、50回から52回まで「百想芸術大賞」で続けて3年連続MCを務めた後、1年休んで再び4年間マイクを握っている。正確な情報伝達と候補者の緊張をほぐすウィットあるコメントまで加えて授賞式を導く。生放送のMCとしては申し分なく今年はテレビ部門の芸能賞候補まで上がり、MCと候補者の資格を備えた。

6年連続マイクを握ることになったスジは、今や真の「白想の女神」としてその象徴性が大きい。ガールグループとしてスタートしTVとスクリーンを行き来する20代女優の代表走者。優れた美貌だけに落ち着いた進行力も素晴らしい。すでにシン・ドンヨプと5回呼吸を合わせ目を見ただけでタイミングが分かるほど完璧な呼吸を誇る。

「第57回百想芸術大賞」は2020年5月1日から2021年4月11日まで地上波、総編、ケーブル・OTT、ウェブで提供されたコンテンツや、同時期に韓国で公開した韓国長編映画および公演した演劇を対象とする。ただ、昨年の候補審査期間にあいまって排除された作品は今年の審査対象に分類された。業界の多様な声を参考にするため最終候補選定に先立って業界専門評価委員40人の事前アンケートを行った。

5月13日午後9時からJTBCで生放送され新型コロナウイルスの状況を考慮してオンラインで行われる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-04-16 09:27:38