BTS&TXT、絵本とアルバムが「iFデザインアワード2021」で本賞を獲得


  • 写真:「iFデザインアワード2021」ホームページ

BTSの「GRAPHIC LYRICS」シリーズとTOMORROW X TOGETHERのアルバム「夢の章(The Dream Chapter)」シリーズが「iFデザインアワード2021」で本賞を受賞した。

ドイツのiF International Forum Design GmbHが12日(現地時間)に発表した「iFデザインアワード2021」受賞作リストによると、BTSの「GRAPHIC LYRICS」シリーズとTOMORROW X TOGETHERのアルバム「夢の章(The Dream Chapter)」シリーズはコミュニケーション部門で本賞を受賞した。「iFデザインアワード」はレッドドットデザインアワード、IDEA(International Design Excellence Award)と共に世界3大デザイン賞と評価されている。

コミュニケーション部門で本賞を受賞したBTSの「GRAPHIC LYRICS」シリーズは、HYBE IP(旧Big Hit IP)が昨年6月BTSの歌詞(LYRICS)をイラスト(GRAPHIC)で表現し絵本として発表したプロジェクトだ。出版時から「歌、絵になる」というキャッチフレーズとともに音楽を楽しむ新しい方法を提示し多くの関心を集めた。

BTSの「A Supplementary Story:You Never Walk Alone」と「Save ME」、「House Of Cards」、「RUN」、「Butterfly」の5曲をそれぞれ絵本に収録した「GRAPHIC LYRICS」は、既存のイラストブックから一段階進んで歌詞が持つ意味をしっかりとしたストーリーとして企画し、共感と慰めとともに歌詞の感動をそのまま伝えた。HYBE IPは歌詞によって異なるイラストを構成し、5冊の本ごとに異なる印刷と製作方式を採用しデザインの多様性を追求して音楽IPを多彩に楽しめるようにした。

「GRAPHIC LYRICS」は、韓国と米国、日本で同時出版され、グローバルファンから大きな愛を受け国内では発売初週、教保文庫のオン・オフライン総合週間ベスト順位にシリーズ5冊共に10位内に入り高い話題性を立証した。

TOMORROW X TOGETHERのアルバム「夢の章」シリーズも優れたアルバムブランディングが認められ、「iFデザインアワード」コミュニケーション部門本賞を受賞した。昨年「2020レッド・ドット・デザイン賞」でBTSの「LOVE YOURSELF」アルバムシリーズのパッケージデザインでブランド&コミュニケーション部門本賞を受賞したBig Hit Musicは今回の「iFデザインアワード」本賞受賞で完成度の高いビジュアルクリエイティブ力をもう一度証明した。

「夢の章」シリーズはTOMORROW X TOGETHERのデビューアルバム「夢の章:STAR」と1stフルアルバム「夢の章:MAGIC」、2ndミニアルバム「夢の章:ETERNITY」に続く連作シリーズで、自分と違いながらも似た友達に出会って経験する少年たちの経験と成長のストーリーが描かれている。

Big Hit Musicは、アルバムのデザインも同様に各アルバム別のメッセージを反映しながらもシリーズとしてのストーリーの関連性を失わないクリエイティブを披露し高い評価を受けた。

「夢の章」アルバムシリーズのデザインは幼年から少年に成長する不安定な時期に自分と似た友達を発見し(STAR)、魔法のような時間を過ごし(MAGIC)、すぐ現実を自覚するが夢を失わずに進む(ETERNITY)過程を盛り込んだ青春ストーリーを視覚的に具現した。

アルバムのデザインはシリーズの展開によって同年代の友人を発見し共感する過程が、2つの矢印が出会う絵で、友人たちとかつて感じられなかった強烈な感情を経験し世の中の主人公になったような高揚感に包まれた状態を爆発する感じの「スパーク」で表現した。さらに魔法のような瞬間が過ぎて訪れた現実での不完全さを自覚する少年たちの無力感と喪失感、それでいてお互いに対する信頼を失わないという希望を無限大のつながりでイメージ化して披露した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-04-16 22:57:34