SHINeeテミン、軍楽隊に最終合格 5月31日に軍隊へ


  • 写真:SMエンターテインメント

SHINeeテミン(本名:イ·テミン、28)が5月31日、軍楽隊に現役入隊し13年間続いてきた活動にピリオドを打つ。

20日、所属事務所のSMエンターテインメントによると、テミンは陸軍軍楽隊に志願し最近、兵務庁から最終合格の通知を受けた。 彼は5月31日に入所し国防の義務を誠実に果たす予定だ。

所属事務所は「テミンが静かに入隊することを希望しており本人の意思を尊重して入隊場所および時間は公開せず当日別の行事も行わない予定」と明らかにした。

所属事務所の公式発表に先立ってテミンは前日の19日夜、NAVERのライブ配信アプリ「V LIVE」を通じてファンに直接入隊日を知らせた。彼は「もう1か月以上を憂鬱に過ごしたくない」とし「自分の口から先に話してあげたかった」と1か月以上残った入隊日付を公開した理由を説明した。

テミンはまた入隊前、多様な活動を披露する予定であることを伝えた。テミンは「5月2日に「Beyond LIVE」をする。ソロアルバムは5月2~3週に出ると思う」とアルバム発売時期もほのめかした。テミンは「アルバムの発売日程は決まっていないが、最後の自分の華麗なステージと音楽をお見せできると思う」と期待を表した。

  • 写真:SMエンターテインメント

テミンは2008年にSHINeeとしてデビューし優れたボーカルと強烈なパフォーマンス、スタイリッシュな魅力で多くの人々に愛されてきた。グループ活動はもとより、ソロアーティストとしても大活躍した彼は、この2年6か月ぶりのSHINeeの完全体活動も成功裏に終えた。

SHINeeはオンユ、キー、ミンホまで除隊したメンバーが集まり、2年6か月ぶりとなる今年2月、7thフルアルバム『Don't Call Me』を発表しカムバックに成功した。

国内、海外のアルバムチャートや音源チャートでも好成績を収めたSHINeeは、12日にフルアルバム『Atlantis』を発表し特有の清涼感を生かした完成度の高い音楽とステージで好評を得た。

しかし、テミンの除隊予定時期が来年11月だけに、SHINeeの完全体は再び短くない空白を持つことになった。

メンバーが国防の義務を果たし不在の間、ソロ活動及びSuperM活動などで彼自身はもちろん「実力派」SHINeeの存在感を確かなものにしたテミンは軍入隊前、ソロコンサート及びソロアルバム発売で大活躍する予定だ。オンユ、キー、ミンホもそれぞれ主力分野で個別活動を続けている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-04-20 10:47:58