リュ・ジュンヨル&キム・ウビン&キム・テリ出演映画「エイリアン」クランクアップ


19日、チェ・ドンフン監督の新作『エイリアン』が第1部と第2部を含む13か月間の撮影を無事終えた。

『エイリアン』は高麗末の噂の神剣を手に入れようとする道人たちと、エイリアンが出没する2021年現在の間に時間の扉が開いて繰り広げられる奇想天外なストーリーを描く。

『チョン・ウチ 時空道士』、『10人の泥棒たち』、『暗殺』など多数のヒット作を残し1200万以上の観客を動員したチェ・ドンフン監督の初のSFアクションファンタジーとして早くも話題作に浮上した。宇宙人と人間の出会い、現代と高麗時代を行き来するストーリーと個性豊かなキャラクターの活躍を通じて前代未聞の世界へ観客を案内する予定だ。

特に企画とシナリオ段階から有機的につながる一つのストーリーを一部と二部に分けて構成する新しい方式を図ったのが『エイリアン』ならではの特徴だ。予測不可能な展開と躍動感あるキャラクター、不意をつくウィットとユーモア溢れるセリフまで、チェ・ドンフン監督特有の特技が集約されると同時に若いエネルギーあふれる果敢さと新鮮さを加えて観客に披露する計画だ。

チェ・ドンフン監督は「387日で撮影が終わった。これまで撮影した映画の中で最も大変で最も紆余曲折が多かったが終わってみると喜びが最も大きい映画」とし「一緒に苦労したスタッフたちが完成した映画を見て楽しんでほしい。この映画をやろうと思ってから、もう3年半が経った。観客の皆さんに面白い映画をお見せしたい」と感想を伝えた。

リュ・ジュンヨルは「1年以上、本当に疲れずに走ってきたと思う。とても楽しくて幸せな撮影だったし観客の皆さんもこの映画を観ているうちに俳優たちが感じた楽しい感情を感じるだろうと期待している」と伝えた。

キム・ウビンは「終わりそうになかった長い旅行が終わるので信じられない。こんなに長い時間撮影した作品をしたことがないので、その分スタッフと情が深まった。別れようとすると残念な気持ちが大きく個人的にはついに再び作品を観客の皆さんにお見せできるという幸せがある」と伝えた。

キム・テリは「『エイリアン』の撮影現場は幸せな瞬間があまりにも多く日常で疲れてても現場に来てエネルギーを貰う時が多かった。一緒にしてくれた皆さんが一人ずつありがたい現場だった」とソ・ジソプは「すべての俳優とスタッフが苦労しながら撮影したが無事に終わって本当に感謝している。監督と作業しながら多くのことを学んだ現場だった」と感想を伝えた。

ヨム・ジョンアも「映画の撮影現場はいつもとても幸せだったし情も深くて撮影が終わったらみんな見たくなると思う」と愛情を表した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-04-21 08:48:46