「目に違和感」ショヌが活動中断 MONSTA X、当分のあいだ5人体制


  • 毎日経済スタートゥデイDB

グループMONSTA X のショヌが健康問題により活動を中断する。

MONSTA Xの所属事務所STARSHIPエンターテイメントは3日、ショヌの活動中断を発表した。

所属事務所によるとショヌは2020年7月に「左眼網膜剥離」の診断を受けて手術を受けた。

手術は無事に終わったが、再発防止のために定期検診と管理を受けてきた状況。しかし最近になって新しいアルバム準備のため撮影中に照明に長時間さらされ、目に違和感を感じて病院を訪れたところ、再発や悪化防止のために安静にして休息する必要があるという所見を受けた。

所属事務所は「当社はアーティストの健康を最優先に考慮するという考えのもとショヌを含むMONSTA Xの全メンバーたちと慎重に議論した結果、今後、MONSTA Xの9thミニアルバム『One of a kind』をはじめとする公式活動時へのショヌの参加を一時的に中断して回復に集中することを決定した」とし「これにより当分のあいだMONSTA Xは5人体制で活動する予定で、専門医の所見に基づいてショヌのスケジュール参加を柔軟に運営する計画」と明らかにした。

所属事務所は「現在、ショヌは安静にして休息しており、当社はアーティストの健康回復のために最善の措置をとるように努力したい」と付け加えた。

一方、MONSTA Xは6月1日に9thミニアルバム『One Of A Kind』を発売する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-05-04 13:28:58