ソン・ジュンギ、5月のドラマ俳優ブランド評判で1位 2位と3位は?


ソン・ュンギがドラマ俳優ブランド評判1で位になった

韓国企業評判研究所によると、ドラマ俳優ブランド評判の2021年5月のビックデータ分析の結果、1位はソン・ジュンギ、2位はイ・ジェフン、3位はチャン・ナラの順と分析された。

韓国企業評判研究所は、2021年4月5日から2021年5月5日まで放送されたドラマに出演中の俳優50人のブランドビッグデータ108,050,522個を消費者のブランド参加量、メディア量、コミュニケーション量、コミュニティ量で測定しブランド評判アルゴリズムで指数化した。2021年3月の俳優ブランドのビッグデータ99,377,638と比較すると8.73%増加した。

ドラマ俳優のブランド評判分析は参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数でブランドビッグデータを分析した。ブランド評判指数はブランドビッグデータを抽出し消費者行動を評判分析アルゴリズムで分析して参加価値、コミュニケーション価値、メディア価値、コミュニティ価値、ソーシャル価値に分類して加重値を置いて出た指標だ。ブランドビッグデータ分析はブランドに対する肯定的な評価、メディアの出所と関心度、消費者の関心とコミュニケーション量、イシューに対するコミュニティ拡散、コンテンツに対する反応と人気度を測定することができる。

1位のソン・ジュンギブランドは参加指数2,005,678、メディア指数2,212,952、コミュニケーション指数2,555,897、コミュニティ指数2,056,232となり、ブランド評判指数8,830,758と分析された。

2位のイ・ジェフンブランドは参加指数1,146,896、メディア指数1,741,507、コミュニケーション指数1,058,926、コミュニティ指数1,717,998となり、ブランド評判指数5,665,327と分析された。

3位のチャン・ナラブランドは参加指数971,842、メディア指数1,071,393、コミュニケーション指数765,717、コミュニティ指数1,927,300となり、ブランド評判指数4,736,253と分析された。

4位のソン・ガンブランドは参加指数1,117,489、メディア指数1,231,432、コミュニケーション指数668,246、コミュニティ指数1,609,705となり、ブランド評判指数4,626,873と分析された。

5位のオク・テギョンブランドは参加指数411,706、メディア指数1,538,896、コミュニケーション指数602,853、コミュニティ指数1,597,344となり、ブランド評判指数4,150,800と分析された。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「2021年5月のドラマ俳優ブランドを分析した結果、『ヴィンチェンツォ』で刺激的なイメージを与えたソン・ジュンギブランドが1位となった。ソン・ジュンギブランドはビッグデータリンク分析で「痛快だ、一味違う、熱演だ」が高く、キーワード分析では「ヴィンチェンツォ、悪党、チョン・ヨビン」が高く出た。肯定否定比率分析では肯定比率86.04%と分析された」と評判を分析した。

続いて「俳優ブランドのカテゴリーを2021年5月のブランドビッグデータ分析したところ、2021年3月の俳優ブランドのビッグデータ99、377、638と比較すると8.73%増加した。詳細分析ではブランド消費が42.75%下落、ブランドイシューが6.93%下落、ブランドコミュニケーションが24.16%上昇、ブランド拡散が149.16%上昇した」と俳優ビッグデータ分析を行った。

2021年5月のドラマ俳優ブランド評判30位の順位は、ソン・ジュンギ、イ・ジェフン、チャン・ナラ、ソン・ガン、オク・テギョン、イ・スンギ、ピョ・イェジン、チョン・ヨンファ、パク・インファン、イ・ソム、キム・ミョンミン、ナナ、キム・ヒョンジュ、キム・オクビン、ヨ・ジング、キム・ボム、チ・ジニ、キム・ヨジン、シン・ハギュン、イ・ミンギ、キム・ウィソン、リュ・ヘヨン、ホン・ウニ、チョン・ヘビン、イ・ヒジュン、イ・ソヨン、チェ・ヨビン、チャ・ジヨン、チョ・スンウ、パク・ジュヒョンの順となった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-05-05 08:59:20