ソ・イングクが3年ぶりにドラマ出演「プレッシャーが徐々に楽しさとときめきに」


  • tvN

ソ・イングクが3年ぶりにドラマに復帰する感想を伝えた。

6日午後、tvNの新しい月火ドラマ『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』のオンライン制作発表会が行われた。

ソ・イングクは3年ぶりにドラマに出演することについて「負担になった一方で、ときめきもあった。監督との縁があるからか、さらに頼りにして、とても安心できるようになり、作品に出演することになった。また、出演者たちと親しくなりながら頼れるようになりプレッシャーが徐々に消えて楽しさとときめきのほうが多くなってきている」と明らかにした。

復帰作として『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』を選んだ理由について、ソ・イングクは「台本を見たとき、滅亡(ミョルマン)というキャラクターと滅亡とドンギョンが出会って繰り広げられる話がとても魅力的だった。滅亡は消える理由になる存在だが、滅亡をもっと理解したいと考えるようになり、こんな存在に愛する対象が生まれたときについての疑問と好奇心、欲を抱くようになり選択することになった」と伝えた。

『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』は消えるすべてのものの理由となる存在である滅亡(ソ・イングク)と消えないために命をかけて契約をした人間のドンギョン(パク・ボヨン)の危うい命をかけたファンタジーロマンスだ。

ソ・イングク、パク・ボヨン、イ・スヒョク、カン・テオ、シン・ドヒョンなどが出演する。韓国で10日午後9時から放送。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-05-06 14:17:04