ソン・ジュンギ「幼稚園では水槽を3回も壊す悪童だった」


  • 写真:ソン・ジュンギ LIVE映像のキャプチャ

俳優のソン・ジュンギが幼い頃の自分の姿について「悪童」と言及した。

ソン・ジュンギは7日、所属事務所の公式YouTubeチャンネルを通じてオンラインファンミーティングを開催した。最近、放送を終えたtvNドラマ『ヴィンチェンツォ』で人気を集めたソン・ジュンギは「とても愛されて正直ドラマが終わらなかったらと思った」とライブ開催のきっかけを説明した。

ソン・ジュンギは同日、制作陣が準備してくれた過去の写真を見て幼い時代を思い出した。リンゴヘアの写真についてソン・ジュンギは「子どもの頃、娘だったらと思った両親が髪を結んでくれた」と話した。

かわいいルックスのソン・ジュンギたが、名声を博した(?)悪童だったという。 ソン・ジュンギは「育児の難易度が最高だった。幼稚園で水槽を1年に3回壊したそうだ。幼い頃は悪童だった。幼稚園で好きな女の子がいるクラスにいって座っていたそうだ」とし「コントロールできないタイプだった」と話した。

ソン・ジュンギは最近、放送が終了した『ヴィンチェンツォ』でタイトルロールのヴィンチェンツォ役を演じ人気を集めた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-05-07 20:39:23