キム・テヒ、江南駅のビルを7年ぶりに売却 71億ウォンの差益


女優のキム・テヒが江南(カンナム)駅に位置するビルを7年ぶりに売り払った。71億ウォンの利益を得た

不動産業界によるとキム・テヒが2014年6月に132億ウォンで購入した江南駅のビルが今年3月25日に203億ウォンで売却された。

キム・テヒは当初個人名義で江南駅のビルを購入、2018年12月に所有権を自分が設立した不動産賃貸業法人に移転して管理してきた。

キム・テヒは昨年の春「善良なビルオーナー運動」に参加し賃貸料50%を減免する善行を行った。

エイトビルのソ・スンウ代表は「キム・テヒが所有していた江南駅のビルは年間10億ウォン以上の差益が発生した」とし「江南区内の売却建物の市場収益率が2.5~3%であることを考慮しても高い収益率を見せている」と説明した。

キム・テヒは歌手兼俳優のRainと2017年に結婚し2人の娘がいる。江南駅の建物を売る前まで夫であるRainの不動産資産と合わせると、800億ウォン台に近い不動産資産を記録していた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-05-10 14:57:59