防弾少年団、米「ローリング・ストーン」の表紙に アジアグループ初


  • Big Hitミュージック

グループ防弾少年団がアメリカを代表する音楽雑誌「ローリング・ストーン」(「Rolling Stone」)の6月号の表紙を飾った。

「ローリング・ストーン」は13日(以下、現地時間)、公式ホームページを通じて6月の表紙モデルになった防弾少年団の写真とメイキングフィルム、インタビューを公開した。「ローリング・ストーン」の創刊54年の歴史の中で、アジアのグループが表紙モデルに抜擢されるのは防弾少年団が最初だ。

表紙の写真の中の防弾少年団の7人のメンバーは全員が何かを見て驚いたような顔をしている。真剣なまなざしと興味深々な表情の演技が印象的だ。

「ローリング・ストーン」は「防弾少年団の勝利」という題の記事を介して7人の青年がどのように音楽ビジネスのルールを再定義して、世界最大のグループになったのかを集中照明した。

記事ではまた、グローバルな影響力を見せる防弾少年団について「境界を崩し、ヘゲモニーを覆す世界的な成功を遂げたグループ」と評価した後、「優れた実力を持つ7人のメンバーで構成された防弾少年団は新しく、よりよい世界の断面を見せるようだ」と絶賛した。

防弾少年団は「ローリング・ストーン」とのインタビューで、昨年公開された「Dynamite」で得られた記念碑的な成果、アメリカの音楽市場での成功についての考えをはじめ、発表を控えた新しいデジタルシングル「Butter」の紹介まで、様々な話を交わした。

一方、「ローリング・ストーン」は14日から7日間、7人のメンバーの個々のデジタル表紙も公式ホームページを通じて順次公開する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-05-14 14:20:00