ソン・シギョン、ありえないデマに怒りあらわ「告訴を続ける」


  • 写真:MKスポーツDB

歌手ソン・シギョンが自身についてのありえないデマに対して怒りをあらわにした。

去る23日、ソン・シギョンは自身のYouTubeチャンネルのライブ配信を通じて新しいフルアルバムについてファンと話を交わした。

そんな中、あるファンがソン・シギョンに「悪質なコメントを書き込む人がいる。胸が痛い」と吐露した。するとソン・シギョンは、自分を取り巻くデマについて直接言及した。

ソン・シギョンは「なぜこんなに僕が遅刻していると信じているのだろうか。番組のPDに「僕が遅れたことはありますか?」と尋ねたけど、PDは「ありません」と言っていた」と強調した。

過去、JTBCのバラエティ番組『魔女狩り』放送中にシン・ドンヨプとホ・ジウンが「ソン・シギョンがよく遅刻する」と冗談を言い、これがまるで事実であるかのように広まった。

ソン・シギョンは「20年間活動しながら、一度も遅れたことがないとは言えない。ものすごい渋滞でどうしようもなかったり、病気だったこともあるだろう」とし「(僕を)人間的に性格が不完全な人にしたいという信念の固さがすごいと思う」と怒りをあらわにした。

それとともに「マネージャーに伝えた。弁護士に相談しながら調べている。虚偽事実の流布で十分に告訴することができる」とし「ファンの方々が嫌がっているのが僕は本当に嫌だ。僕は気にしなければいいけど。告訴は止まらない。四半期ごとに弁護士にお金を払うことにしたとお話しただろうか。今も調べ続けている」と話した。

先立って去る1月にソン・シギョンの法律代理人である法務法人YKは情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律違反(名誉毀損)、侮辱容疑でネットユーザーを告訴した。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者
  • 入力 2021-05-24 10:39:20