ソ・イングク、観覧車でバラード熱唱もフラれた過去告白 その後の展開に大汗


  • 写真:SBS

俳優ソ・イングクが遊園地の観覧車でフラれた経験を告白した。

去る23日に韓国で放送されたSBSのバラエティ番組『みにくいうちの子』にはソ・イングクがゲストとして出演した。

この日、MCのソ・ジャンフンはソ・イングクに「以前は告白すると、つねにフラれるタイプだったと聞いた」と話を切り出した。

ソ・イングクは最も激しくフラれた記憶として「観覧車告白」を挙げた。

ソ・イングクは「年上だった。友達のガールフレンドの友達だった。その人と僕をお互いに紹介するための席が設けられた。そうしていたら好きになった」と話した。

ソ・イングクは「友達のカップルと遊園地に遊びに行った日、(友達カップルに)「今日だ。告白するなり何をするにしても今日決定しろ」と言われた。だから、その後に観覧車で告白しなければと…」と付け加えた。

続いて「僕が時間の計算をうまくできなかった。中間地点(一番高いところ)に差し掛かったころに頃に(告白を)始めるべきだったのに、乗ってすぐに緊張して「言いたいことがあるんだけど」としながらバラード曲「だめですか」を歌った」と当時を思い出した。

ソ・イングクは「「だめですか。君を愛しては」と歌ってから「僕と付き合おう」と言ったら、相手に「ごめんなさい。私にはあなたが弟にしか見えない」と言われてしまった」とフラれた経験を吐露した。

また「観覧車が4分の1を回る前に断られた。何も言わずに2人で。それを考えるだけで今でも汗が出る」と冷や汗を流した。

これにMCシン・ドンヨプが「もし観覧車で告白する場合には4分の3を過ぎてからするべきだ」と言うとソ・イングクは「告白したいときには観覧車には絶対乗らないほうがいい」と現実的なアドバイスを伝えて笑いを誘った。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ジヨン インターン記者
  • 入力 2021-05-24 13:54:54