キム・ヨハン「妹のボーイフレンドの話をすると腹が立つ」


  • 写真:MBC放送画面キャプチャ

グループWEiのキム・ヨハンが充実した日常を公開し女性の心を魅了した。

キム・ヨハンは今月29日に放送された『全知的おせっかい視点』に出演し可愛い見栄から「テコンドー少女」の妹たちとの出会いなどで視聴者の視線を集めた。

この日、キム・ヨハンは「演技するヨハンで、もうすぐ会いに行くキム・ヨハンだ」と挨拶した。KBS2ドラマ『学校2021』の主人公に選ばれたキム・ヨハンは皆の注目を集めた。

続いてキム・ヨハンは「僕が少し長く愛した、今でも愛している女性の方だ」と映像を公開した。ソウル市内が一望できるWEiの寮で目を覚ましたキム・ヨハンは朝からドリップコーヒーをいれた。

しかし苦さに驚いたキム・ヨハンはコーヒーを捨てて麦茶を入れて飲み笑いを誘った。これに対しキム・ヨハンは「アメリカーノが大好きだ。麦茶とははっきり区別する」と見栄を張り他のMCにも可愛がられた。

キム・ヨハンはマネージャーと一緒に長ネギ入り卵チャーハン、味噌チゲで朝食を準備した。おいしくご飯を食べていたキム・ヨハンは「今日は子どもの日だ。妹たちが来る」と答えた。最初に話した「女性の方」の正体はキム・ヨハンの妹たちだったということだ。キム・ヨハンは体育中学校と高校に通う妹とテコンドー師範の父親に会った。

家族と思い出に浸っていたキム・ヨハンは妹たちの希望で即席サイン会を始めた。キム・ヨハンは他の運動部に人気が高いという妹に「彼氏いるの?」「それでレスリング部の男の子はどうしたの?」と聞き複雑な心境を露わにした。

続いてキム・ヨハンは妹たちとテコンドー道場に向かった。開脚で柔軟性を誇るかと思えば、完璧なテコンドーの型、蹴り技を披露して感嘆を誘った。キム・ヨハンは板5枚を軽く打ち破り、テコンドー王に相応しいプレーを見せた。妹たちとの2対1のスパーリングで敗れたキム・ヨハンは「上手だな。僕が負けた」と喜んだ。

キム・ヨハンは妹たちに肉を焼いてあげながら優しさをあらわした。「妹たちに実際にボーイフレンドができたらどうか?」というマネージャーの言葉に、キム・ヨハンは「僕が見てないわけではない。話をしなかったが僕が発見した」とし「僕はフリーだから保守的ではない」と答えた。

一方でキム・ヨハンは「話をしながら腹が立つ。妹が大学に入学したから、なおさらだ」と話し「兄が僕だと分かったから気をつけろよ」と妹たちのボーイフレンドにビデオレターを残した。

妹たちに、お小遣いまであげて別れたキム・ヨハンはスケジュールの後、寮に向かった。一発芸の練習をしていたキム・ヨハンは、メンバーたちと夜食を食べながら一日を締めくくった。

キム・ヨハンが所属するグループWEiは6月9日、3thミニアルバム「IDENTITY:Action」を発売しカムバックする。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-05-30 09:57:19