ヨ・ジング、日韓中グループ新プロジェクト「Girls Planet 999」のマスターに確定


  • Mnet

Mnetの新グローバルプロジェクト『Girls Planet 999』のPLANET MASTER(プラネット・マスター)に俳優ヨ・ジングが確定した。

8日に公開された『Girls Planet 999』2次予告映像を通じて「Girls Planet」の世界観が紹介された。俳優ヨ・ジングのナレーションで始まる映像は日中韓の99人の参加者をサポートしているマスターたちがいることを発表した。「Girls Plane」には99人の参加者のワナビーでありメンターである「K-POP MASTER」、実力の向上を支援する各分野の「専門家 MASTER」がいる。また参加者たちの夢を応援して支持することになるグローバルファンは「PLANET GUARDIAN」と命名された。

俳優ヨ・ジングが引き受けた「PLANET MASTER」は番組司会者としての役割を越えて「PLANET GUARDIAN」と99人の参加者をつなげる「Girls Planet」の案内人だ。

「PLANET MASTER」ヨ・ジングは「まず一人のK-POPファンとして『Girls Planet 999』に出演でき嬉しく感謝している。世界中のファンのみなさんがK-POPという共通の関心事でつながった同じ家族だと考えて99人の参加者たちの夢を応援したい」と伝え、「また個人的には新しい姿を見せることができる挑戦だと思う。多く準備して努力するので、少し未熟に見えても温かく見守ってほしい」と覚悟を伝えた。

ヨ・ジングは映画やドラマなど多数のヒット作を介して優れた演技力を認められた韓国を代表する俳優だ。2013年には17歳で映画『ファイ 悪魔に育てられた少年』主演を引き受け、各種映画祭の新人賞を受賞して可能性を認められた。続いて彼が出演したtvNドラマ『ホテルデルーナ』などが海外も話題を集めて、グローバルでも高い人気を誇っている。

『Girls Planet 999』の演出を引き受けたキム・シニョンPDは「俳優ヨ・ジングは長いあいだ夢に向かってぶれることなく走ってきた情熱と努力で今の位置にいる。これに参加者の夢と情熱を十分に理解し、応援やアドバイスを惜しみなく与えられる最適な人物だと思った」と抜擢の背景を明らかにした。

続いて裏話も伝えた。キム・シニョンPDは「初めて出演をオファーしたとき、制作陣にすぐミーティングを求めるほど慎重な姿を見せた。その後、長時間の会議を介して番組の話を交わしたが、責任感のある姿勢に確信まで持つことができた。最終的に参加決定を下してくれた俳優ヨ・ジングに感謝の気持ちだ」と明らかにした。

一方、Mnetの新グローバルプロジェクト『Girls Planet 999』は3つの異なる文化から来た人々が言語の境界を超えてK-POPでつながる空間「Girls Planet 999」でお互いに和合して成長していく過程で最高の組み合わせを探していく旅を描く番組だ。
  • MKスポーツ ソン・ジナ記者
  • 入力 2021-06-08 10:41:48