トップ > エンタメ > スターニュース > イ・ジョンヒョン、43億で購入の聖水洞ビルを70億で売却

イ・ジョンヒョン、43億で購入の聖水洞ビルを70億で売却


  • イ・ジョンヒョン、43億で購入の聖水洞ビルを70億で売却
  • 写真:スタートゥデイDB

歌手兼女優のイ・ジョンヒョン(41)が43億の聖水洞(ソンスドン)のビルを売却した。

不動産業界によると、イ・ジョンヒョンが2018年3月に43億6000万ウォンで購入した聖水洞1街ビル(敷地:72.9坪/建物:80.42坪)を3年後となる今年5月に70億ウォンで売却した。

購入額と売却額だけを見れば、26億ウォンの相場差益を上げたものと見られる。

カルビ通りとして有名なソウル森の端に建っていたイ・ジョンヒョンのビルは、聖水洞の商圏が本格的に形成され重要な投資先として知られていた。かつてはソウルを代表する工場地帯だったが、現在は新沙洞(シンサドン)カロスキル、梨泰院経理団通りとともに「韓国版ブルックリン」と呼ばれるほど人気な場所として位置づけられている。

近くには高級住商複合マンション「ギャラリアフォーレ」や「トリマジェ」もあり、多数のスターたちが暮らしている。

エイトビル仲介法人(株)チョン・ゲウンチーム長は「イ・ジョンヒョン氏は聖水洞アトリエ道商圏の変化および形成時期に70%の融資を利用して買い入れ、その後、該当地域の商圏の変化に合わせて最小限の費用で商圏の性格に合った適切なリフォームをして再売却した成功的な財テク」と分析した。

イ・ジョンヒョンは昨年、3歳年下の大学病院整形外科専門医と結婚し幸せな家庭を築いた。結婚後の演技活動と共にKBS2のバラエティ番組『新商品発売~コンビニレストラン』で見せるカリスマイメージとは異なる新妻のギャップの魅力が話題を呼んでいる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-06-08 11:38:42