BTS『バター』ビルボードホット100で2週連続トップ



防弾少年団(BTS)の英語新曲『Butter(バター)』が2週連続でビルボードホット100チャートのトップに立った。

米ビルボードは7日(現地時間)、先月21日に発売された『バター』がメインシングルチャートである「ホット100」で先週に続き1位を記録したと明らかにした。 「怪物新人」オリヴィア・ロドリゴの『good 4 u(グッド・フォー・ユー)』と熾烈な競争の末、1位の固守に成功した。 BTSが昨年9月に発売した初の英語の曲『Dynamite(ダイナマイト)』もホット100の1位に進入し、2週間あまりもトップを守った。ビルボードの歴史の中で発売2週間めまでトップを保った歌は23曲に過ぎない。 今回BTSはホット100 1位の記録を再び追加しながら、このチャートで1位の記録を計7回に増やした。

ビルボードが引用したMRCデータによると、『バター』は今回のホット100集計期間の先月28日から今月3日までにストリーミング1910万回、ダウンロード14万200件を記録した。ストリーミング数とダウンロード数は1週間めと比較して、それぞれ41%と42%減少した。しかしラジオのリスナーが24%増加した2240万人を記録し、『バター』が2週連続でトップを占めるところに力を添えた。

マーケティング戦略も功を奏した。『バター』のリミックスバージョンを相次いで公開して雰囲気を盛り上げた。 BTSは先月28日、『バター』をエレクトロダンスミュージックに再解釈したリミックスバージョン『Butter(Hotter Remix)』をリリースした。また今月4日にはR&Bの感性を加えた『Butter(Sweeter Remix)』と、清涼なギターサウンドが加味された『Butter(Cooler Remix)』など、複数バージョンのリミックスも追加リリースした。ビルボードホット100チャートはリミックスバージョンも原曲と一緒に総合集計する。
  • 毎日経済 | カン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-06-08 19:13:19