ファン・ジョンミン、映画「人質」の夏公開が決定


  • 写真:NEW

『人質』が夏の公開を決定しローンチングポスターを公開した。

映画『人質』が夏の封切りを確定し大胆なローンチングポスターを公開した。『人質』はある日の未明、証拠も目撃者もなく拉致された俳優ファン・ジョンミンを描いたリアリティーアクションスリラーだ。昨年の夏に435万人の観客を動員した『ただ悪から救ってください』から『哭声/コクソン』、『検事外伝』、『国際市場で逢いましょう』など多くの興行作の中心で劇をリードし「ミッボファン(信じて見ることのできるファン・ジョンミン)」というニックネームを得たファン・ジョンミン。彼は『人質』で自分自身を演じ、もう一度印象深いキャラクターを予告する。

今夏、公開の決定ニュースと共に公開されたローンチングポスターは、ファン・ジョンミンが人質犯のアジトで縛られている破格的なビジュアルで視線を集中させる。ロープと青テープで縛られたままうなだれているファン・ジョンミンの後ろ姿だけでも強烈なオーラを放つ。また、「ファン・ジョンミン」という簡潔なコピーは人質になったファン・ジョンミンであることを知らしめ究極のリアリティを見せてくれる映画のコンセプトと相まってさらに謎を呼ぶ。

自他共に認める韓国を代表する俳優ファン・ジョンミンが、ある日突然、人質に捕らえられてから命をかけた脱出を敢行するまで、映画はすべての場面でピリッとした緊張感とアクションを見せることで観客に最強の没入度を与え「リアリティアクションスリラー」の真髄を見せる予定だ。

また、『人質』は『ベテラン』、『EXIT イグジット』など、毎年夏を代表する最高の作品を披露し、観客から愛されてきた映画会社の外柔内剛が『生き残るための3つの取引』、『ベテラン』に続き、もう一度ファン・ジョンミンと出会い意気投合した作品で、新型コロナウイルスによって沈滞した劇場街に活気を吹き込むことが予想される。

映画会社の「外柔内剛」のノウハウと新人監督の感性と覇気が出会い、俳優のファン・ジョンミンがソウルのど真ん中で人質に取られていた未来有の事態をどのように描き出すのか、好奇心をそそっている。

映画『人質』は夏に公開される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-06-10 08:55:12